昨朝は家でトレーニング、重り4㎏のジョギングをし、タロケン・ウズの勉強をみてから、浅田駐車場で壁打ちしました。

帰りは入船公園で大股歩き・ジャンプストップとダッシュ他をして、浅田駐車場で壁打ちした後、家に帰ってゆっくりしました。

今日が最後の出勤、来週からは在宅勤務です。
通勤のついでにやっていた壁打ちがかなり困難になりますが、何らかの方法で絶対に継続します。

テニスブログブログランキング参加用リンク一覧1日1クリックでオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります  

【2020年壁打ち:121回、時間20+40分、累計3,265分】

2020年は毎日最低10分走る2020年RUN:100回、時間10分、累計1,079分

2020年両足スクワット+両手広げ:日数58、回数300回、累計17,500回】
2020年重り付き横跳び日数66日、回数200回、累計8,080回

2020年は毎日やる2020年体幹強化体操回数、累計100日

2020年は毎日やる2020年柔軟体操実施日数、累計100日

2020年は毎日やる2020年ぎっくり腰予防体操回数、累計100日
2020年度大股歩き&ジャンプストップ20日、歩数150歩、累計3,000歩】

2020年ダッシュ:20日、5回、累計108本】
【2020年シャドウテニス:累計14日

2020年ロストボール:0個、累計2個】


昨日の記事に書いた方法、壁打ちでは思った以上に良い感じでした。
今までは、上体の捻り戻しで「キッカケ」を与えて腕を走らせるという打ち方でしたが、この方法は上体の捻り戻しは使いますが、キッカケを与えるのではなく、FSの開始時点では、上体の捻り戻しで腕を引き出します。その結果、FS初期段階は「上体の動きと腕の動きが連動」する形になります。


この打ち方をすると、打球後、身体が開き、腕が後方まで大きく振られる、今までとは全く違う形のフィニッシュになります。
また、腕を意図的には走らせない(腕が勝手に走るのは制御しないが、基本的には腕と上体の捻り戻しを同調させる)ので、今までの腕を走らせる打ち方と比べて
打点は後ろに(身体に近く)なります
この影響もあってか、当たりが厚くなりボールのスピードもかなり速くなります


また、遠いボールを打つ際は、今まではキッカケを与えるのが難しく、そのせいで腕を速く走らせることが出来ずに腕力を使い勝ちだった(=安定して良いボールが打てなかった)のですが、この方法だと上体を捻り戻すだけで腕を引き出せます。キッカケを与えるよりも捻り戻す方が断然簡単だし、腕の動きと上体の動きにタイムラグが無いので、タイミングがすごく取りやすいです。


イメージはワウリンカ(笑)、5月までコートで試せないのが残念ですが、壁打ちでフォームを固めたいです。


【重要項目一覧】R18

【試合の臨む心構え】 守りのショットも気持ちは攻める攻める気持ちで深いボールを打つ
【ストローク共通】 瞬時に、かつ、しっかりテイクバックするボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背筋を伸ばす)ヒヨコブリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】 トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す常にグリップの位置を身体から離す身体から遠い位置から振り始める腕が伸びきるほど前でボールを捕らえる
【バックストローク】 身体の捻り戻しを止めて打つ可能な限り早く大きくテイクバックする右手でぶら下げる肩の上に顎を乗せる脱力のち調整ブロックリターンラケットを立てるTB
【バックスライス】 顔を残すトップ打ち厚く打つエッジ方向打ち
【ボレー】 瞬時に面を作るコンパクトに厚く打つ少しでも高い位置で打つ(足で打つ)グリップエンド先行フォワードスイング直後に右手を離す肘を前に維持するフォアボレーエッジ方向打ち(バックボレー)ネットより高いボレーは叩く浮いたら決めに行く
【サーブ】 脱力トロフィーポーズ万歳状態みぞおちを前に突き出したトロフィーポーズ(インパクトまで維持)手首の角度を維持最後までボールを見て顔を残すインパクト時に身体を開かないネットを越すことを意識する

     

      1日1クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります