昨朝は家でトレーニング、重り4㎏のジョギングをし、タロケン・ウズの勉強をみてから、浅田駐車場で壁打ちしました。

帰りは入船公園で大股歩き・ジャンプストップとダッシュ他をして、浅田駐車場で壁打ちした後、夜は入船公園でナイターテニスをWさんと同学年のIの3人でやりました。

テニスブログブログランキング参加用リンク一覧1日1クリックでオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります  

2020年壁打ち:65回、時間15+40分、累計1,800分】

2020年は毎日最低10分走る2020RUN:57回、時間10分、累計639

2020年両足スクワット+両手広げ:日数31、回数300回、累計9,300回】

2020年度大股歩き&ジャンプストップ:15日、歩数150歩、累計2,250歩】

2020年は毎日やる2020年体幹強化体操回数、累計57日

2020年は毎日やる2020年柔軟体操実施日数、累計57日

2020年は毎日やる2020年ぎっくり腰予防体操回数、累計57日
2020年重り付き横跳び日数34日、回数120回、累計3,060回

2020年ダッシュ:15日、8回、累計82本】

2020年ロストボール:0個、累計2個】

【2020年シャドウテニス:累計11日


昨日の記事の、思い切りぶっ叩く(クソアウトする)壁打ちを、通常の壁打ちと並行してやっています。
とにかく厚く当てて限界まで速いボールを打つ練習です。クソアウトが前提です。
通常の壁打ちでは、壁の向こうの「想像のコート」にボールを入れる練習をしていますが、クソアウト壁打ちのターゲットは、「想像のバックフェンス」です(笑)


思い切り速いボールを打とうとすると、打点における打球面の向きを強く意識するようになります。
また、自然に身体全体を使って打とうとしますし、打点も遠く、そして前になります。打点が後ろだと、グリップを握りしめる必要が出てくる上に、詰まるような感じになり、ボールが気持ち良く飛んでくれません。


しかし、ナイターテニスは全く駄目でした。
もしかしたら、昔やっていたように肘からTBして、ラケットヘッドの移動距離を稼ぐ方が、より速いボールが打てるかもしれない・・・と思い始めたりしています。
とにかく、どの位置でどう打てばボールがぶっ飛んで行くかを、身体に教えてもらっている感じです。


今までのオヤジAは、回転をかけて安定してコートに入れる打ち方を覚えて、その打ち方をベースとしてスピードを上げようとしてきました。

クソアウト壁打ちのアプローチはその真逆で、とにかく速いボールを打つ打ち方を覚えて、その打ち方で回転をかけてコートに収めようと考えています。
春の試合が近いこの時期に、このような根本的な大改造をマジでやるのか???と自問自答してみましたが、後者にトライしない理由が見つかりません。
スイング速度が上がれば、回転もかかる(剛速球投手の変化球が大きく曲がるのと同じ)ので、コートに収めるのは容易になるのでは・・・と、楽観的に考えています(笑)


昔は壁打ちでしょっちゅう割れていたボールは、最近はサッパリ割れません。
もう一度、壁打ちでボールがしょっちゅう割れるような剛球を復活させ、攻められる前に攻め勝つテニスが出来るか・・・

これを当面の課題として練習します


【重要項目一覧】R18

【試合の臨む心構え】 守りのショットも気持ちは攻める攻める気持ちで深いボールを打つ
【ストローク共通】 瞬時に、かつ、しっかりテイクバックするボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背筋を伸ばす)ヒヨコブリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】 トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す常にグリップの位置を身体から離す身体から遠い位置から振り始める腕が伸びきるほど前でボールを捕らえる
【バックストローク】 身体の捻り戻しを止めて打つ可能な限り早く大きくテイクバックする右手でぶら下げる肩の上に顎を乗せる脱力のち調整ブロックリターンラケットを立てるTB
【バックスライス】 顔を残すトップ打ち厚く打つエッジ方向打ち
【ボレー】 瞬時に面を作るコンパクトに厚く打つ少しでも高い位置で打つ(足で打つ)グリップエンド先行フォワードスイング直後に右手を離す肘を前に維持するフォアボレーエッジ方向打ち(バックボレー)ネットより高いボレーは叩く浮いたら決めに行く
【サーブ】 脱力トロフィーポーズ万歳状態みぞおちを前に突き出したトロフィーポーズ(インパクトまで維持)手首の角度を維持最後までボールを見て顔を残すインパクト時に身体を開かないネットを越すことを意識する

     

      1日1クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります