昨朝は家でトレーニング、重り4㎏のジョギングをし、タロケン・ウズの勉強をみてから、浅田駐車場で壁打ちしました。
インフルエンザからウズは復活しました。小学校には、今日から通えます。

帰りは入船公園で大股歩き・ジャンプストップとダッシュ他をして、浅田駐車場で壁打ちした後、途中で夕食を食ってから、西馬込で母ちゃん、タロケンと待ち合わせし、西馬込のタロケンの塾(候補2)に寄ってヒアリングしてから、家に帰りました。

テニスブログブログランキング参加用リンク一覧1日1クリックでオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります  

2020年壁打ち:63回、時間15+40分、累計1,745分】

2020年は毎日最低10分走る2020RUN:56回、時間10分、累計629

2020年両足スクワット+両手広げ:日数30、回数300回、累計9,000回】

2020年度大股歩き&ジャンプストップ:14日、歩数150歩、累計2,100歩】

2020年は毎日やる2020年体幹強化体操回数、累計56日

2020年は毎日やる2020年柔軟体操実施日数、累計56日

2020年は毎日やる2020年ぎっくり腰予防体操回数、累計56日
2020年重り付き横跳び日数33日、回数120回、累計2,940回

2020年ダッシュ:14日、7回、累計77本】

2020年ロストボール:0個、累計2個】

【2020年シャドウテニス:累計10日


最近、タロケンのテニスが少し様になってきました。
練習時間が短いので、あまりラリーは出来ませんが、ストロークのフォームは固まってきました。
そこで、少し早いとは思いますが、フォア・バックとも厚く速いボールを打つ練習として、「同じフォームでボールをバックフェンスにぶつける練習」を、コート内にボールを収める練習と並行してやらせています。


本人はこの練習が気持ち良いらしく、思い切りぶっ叩きます(笑)
正面に飛んでくると怖いくらいの、大人顔負けのスピードボールを打ちます。


この練習は良い練習だと思ったので、オヤジAも昨日の壁打ちで試してみました。
最近は打点における打球面の向きに関する意識が薄かったせいか、特にフォアが思った以上に上下にブレます(笑)が、厚く超速いボールを打つためには、変えるべきかもしれないと思われる点が、徐々に浮かび上がってきています。
多分、この壁打ちでの打ち方が、ボールをぶっ飛ばす上で、自分に合っているものと想像します。



もっと突き詰めてみます。


【重要項目一覧】R18

【試合の臨む心構え】 守りのショットも気持ちは攻める攻める気持ちで深いボールを打つ
【ストローク共通】 瞬時に、かつ、しっかりテイクバックするボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背筋を伸ばす)ヒヨコブリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】 トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す常にグリップの位置を身体から離す身体から遠い位置から振り始める腕が伸びきるほど前でボールを捕らえる
【バックストローク】 身体の捻り戻しを止めて打つ可能な限り早く大きくテイクバックする右手でぶら下げる肩の上に顎を乗せる脱力のち調整ブロックリターンラケットを立てるTB
【バックスライス】 顔を残すトップ打ち厚く打つエッジ方向打ち
【ボレー】 瞬時に面を作るコンパクトに厚く打つ少しでも高い位置で打つ(足で打つ)グリップエンド先行フォワードスイング直後に右手を離す肘を前に維持するフォアボレーエッジ方向打ち(バックボレー)ネットより高いボレーは叩く浮いたら決めに行く
【サーブ】 脱力トロフィーポーズ万歳状態みぞおちを前に突き出したトロフィーポーズ(インパクトまで維持)手首の角度を維持最後までボールを見て顔を残すインパクト時に身体を開かないネットを越すことを意識する

     

      1日1クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります