今日も懲りないオヤジA

必勝法『勝つまでやる』で、目標の全日本オヤジ選手権優勝を達成する・・・予定のテニス馬鹿オヤジのブログです!

2020年01月

一定の形にする

昨朝はかなり身体が重かったので、家でのトレーニングは軽めにし、重り4㎏のジョギングをし、タロケン・ウズに勉強を教えてから、浅田駐車場で壁打ちしました。

帰りは入船公園で大股歩き・ジャンプストップとダッシュ他をして、浅田駐車場で壁打ちした後、家に帰ってゆっくりしました。

今日は夜、会社のイベントがあるので電車通勤、残念ながら壁打ちはできません

テニスブログブログランキング参加用リンク一覧1日1クリックでオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります  

2020年壁打ち:36回、時間20+30分、累計1,005分】

2020年は毎日最低10分走る2020RUN:30回、時間10分、累計344

2020年両足スクワット+両手広げ:日数17、回数300回、累計5,100回】

2020年度大股歩き&ジャンプストップ:7日、歩数150歩、累計,050歩】

2020年は毎日やる2020年体幹強化体操回数、累計30日

2020年は毎日やる2020年柔軟体操実施日数、累計30日

2020年は毎日やる2020年ぎっくり腰予防体操回数、累計30日
2020年重り付き横跳び日数13日、回数0回、累計820回

2020年ダッシュ:7日、6回、累計39本】

2020年ロストボール:0個、累計2個】

【2020年シャドウテニス:累計5日


水曜日のナイターテニスでは、先日の記事の方法「右手でラケットの外側フレームを押してラケットを立てたTBを行い、呼吸法フーで打球面を伏せながらラケットを前に移動させてから、呼吸法ウンで限界まで前の打点で打つ」を強く意識して練習しました。


握りを薄くしているので、打球面は完全には伏せられませんが、それは重要ではありません。
呼吸法ウンでは完全脱力でラケットを解放しますが、それまでは、グニャグニャにはせず、ある程度、一定の形にすることを意識しています。


水曜日に実感した課題は、打点を限界まで前にするのが思った以上に難しいという点です。
いや、正確に言うと、他の部分に注意が行ってしまって、最も大事な限界まで前で打つということを忘れてしまい勝ちなのです。
継続して練習します。

【重要項目一覧】R18
【試合の臨む心構え】 守りのショットも気持ちは攻める攻める気持ちで深いボールを打つ
【ストローク共通】 瞬時に、かつ、しっかりテイクバックするボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背筋を伸ばす)ヒヨコブリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】 トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す常にグリップの位置を身体から離す身体から遠い位置から振り始める腕が伸びきるほど前でボールを捕らえる
【バックストローク】
身体の捻り戻しを止めて打つ可能な限り早く大きくテイクバックする右手でぶら下げる肩の上に顎を乗せる脱力のち調整ブロックリターンラケットを立てるTB
【バックスライス】
顔を残すトップ打ち厚く打つエッジ方向打ち
【ボレー】
瞬時に面を作るコンパクトに厚く打つ少しでも高い位置で打つ(足で打つ)グリップエンド先行フォワードスイング直後に右手を離す肘を前に維持するフォアボレーエッジ方向打ち(バックボレー)ネットより高いボレーは叩く浮いたら決めに行く
【サーブ】
脱力トロフィーポーズ万歳状態みぞおちを前に突き出したトロフィーポーズ(インパクトまで維持)手首の角度を維持最後までボールを見て顔を残すインパクト時に身体を開かないネットを越すことを意識する


     

      1日1クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

光明

昨朝は家でトレーニング、重り4㎏のジョギングをし、タロケン・ウズが勉強している横で、自転車のサドルを交換してから、浅田駐車場で壁打ちしました。

帰りは浅田駐車場で壁打ちした後、夜は入船公園でナイターテニスを同学年IとM君の3人でやりました。

テニスブログブログランキング参加用リンク一覧1日1クリックでオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります  

2020年壁打ち:34回、時間20+40分、累計955分】

2020年は毎日最低10分走る2020RUN:29回、時間10分、累計334

2020年両足スクワット+両手広げ:日数16、回数300回、累計4,800回】

2020年度大股歩き&ジャンプストップ:6日、歩数0歩、累計900歩】

2020年は毎日やる2020年体幹強化体操回数、累計29日

2020年は毎日やる2020年柔軟体操実施日数、累計29日

2020年は毎日やる2020年ぎっくり腰予防体操回数、累計29日
2020年重り付き横跳び日数13日、回数100回、累計820回

2020年ダッシュ:6日、0回、累計33本】

2020年ロストボール:0個、累計2個】

【2020年シャドウテニス:累計4日


昨夏から左肘がずっと痛い状態でした。サーブ、スマッシュ、フォアボレーが特に痛くて、試合ではサーブを強く打つ気にはなれませんでした。スマッシュもフォアボレーも同様です。


実際に、本当に痛くなったのは昨夏ですが、鈍い痛みが発生したのは昨春からです。
サーブを本格的に練習し始めた頃と一致しているので、サーブが原因かとずっと思ってきたのですが、「もしかして・・・」と思って“試したこと”があり、それによって、最近は、左肘痛がかなり緩和されてきたのです。


「試したこと」と書きましたが、正確には「止めたこと」です。
昨春の記事に載せたドン・キホーテで買ったトレーニング用具で、ほぼ毎朝、縦方向の動き(腹筋)と、横方向の動き(両手を開いて閉じる動き=大胸筋)のトレーニングをしていました。
この大胸筋のトレーニングをすると左肘が痛むので、「もしかしたらサーブではなくこのトレーニングが左肘痛の原因かも?」と思い、ここ2週間ほど大胸筋のトレーニングを休んでいたのですが、効果てきめん、かなり頑固だった痛みが一気に改善してきているのです。


本当に、大胸筋のトレーニングが元凶だったのかもしれません。
もしそうなら、この大胸筋トレーニングは毎朝やっていたのだから、サーブ練習を休んでも、一向に良くならないのは道理です。
こんなくだらないことで半年間も左肘痛に苦しめられていたのか・・・とも思うのですが、これで本当に治れば、最高です。

【重要項目一覧】R18
【試合の臨む心構え】 守りのショットも気持ちは攻める攻める気持ちで深いボールを打つ
【ストローク共通】 瞬時に、かつ、しっかりテイクバックするボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背筋を伸ばす)ヒヨコブリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】 トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す常にグリップの位置を身体から離す身体から遠い位置から振り始める腕が伸びきるほど前でボールを捕らえる
【バックストローク】
身体の捻り戻しを止めて打つ可能な限り早く大きくテイクバックする右手でぶら下げる肩の上に顎を乗せる脱力のち調整ブロックリターンラケットを立てるTB
【バックスライス】
顔を残すトップ打ち厚く打つエッジ方向打ち
【ボレー】
瞬時に面を作るコンパクトに厚く打つ少しでも高い位置で打つ(足で打つ)グリップエンド先行フォワードスイング直後に右手を離す肘を前に維持するフォアボレーエッジ方向打ち(バックボレー)ネットより高いボレーは叩く浮いたら決めに行く
【サーブ】
脱力トロフィーポーズ万歳状態みぞおちを前に突き出したトロフィーポーズ(インパクトまで維持)手首の角度を維持最後までボールを見て顔を残すインパクト時に身体を開かないネットを越すことを意識する


     

      1日1クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

呼吸法の重要性を再認識

昨朝は家でトレーニング、雨中を重り4㎏の傘さしジョギングをし、タロケン、ウズに勉強を教えてから、浅田駐車場で壁打ちしました。
雪になるとの予報だった寒い朝の雨の自転車通勤は、かなり辛いものでした。

帰りは浅田駐車場で壁打ちした後、予報通りの雨&向い風、朝以上に辛い状態の中をゆっくりと家に帰り、風呂に入って暖まりました。
テニスブログブログランキング参加用リンク一覧1日1クリックでオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります  

2020年壁打ち:32回、時間15+35分、累計895分】

2020年は毎日最低10分走る2020RUN:28回、時間10分、累計324

2020年両足スクワット+両手広げ:日数14、回数300回、累計4,500回】

2020年度大股歩き&ジャンプストップ:6日、歩数0歩、累計900歩】

2020年は毎日やる2020年体幹強化体操回数、累計28日

2020年は毎日やる2020年柔軟体操実施日数、累計28日

2020年は毎日やる2020年ぎっくり腰予防体操回数、累計28日
2020年重り付き横跳び日数12日、回数80回、累計720回

2020年ダッシュ:6日、0回、累計33本】

2020年ロストボール:0個、累計2個】

【2020年シャドウテニス:累計4日


昨日の壁打ちも良い感じでした。
呼吸法フーは、ラケットを少し遅めに振る段階であり、呼吸法ウンで一気にラケットを走らせます。
この呼吸法フーは、打点の位置やボールとラケットの当て方をクリアにイメージするのにかなり有効だと、ここ数回の壁打ちで、認識を新たにしました。


「可能な限り前」に想定した打点をクリアにイメージ出来れば、その打点で打てる確率が上がると実感しています。
また、鋭いスリングをするために脱力は絶対不可欠ですが、テニスの場合はコースを狙う必要があり、そのためには鋭いスイングだけでは駄目で、鋭く、かつ再現性の高いスイングをする必要があります。
そのためには、脱力状態で一気にラケットを走らせる前の段階(=助走段階)をある程度は型にはめる必要があり、このためにも呼吸法フーは有効です。
呼吸法フーで、一定の形の助走を行うわけです。


数日前から、薄い握り+呼吸法+可能な限り前で打つ、というセットで打つことを始めたばかりなので、まだ「一定の形の助走」にはなっていません。
去年の11月末に握りを薄くして打点を限界まで前に変えて、かなり迷走しましたが、やっと方向性が見えてきたので、早く「一定の形の助走」にすべく、練習します。

【重要項目一覧】R18
【試合の臨む心構え】 守りのショットも気持ちは攻める攻める気持ちで深いボールを打つ
【ストローク共通】 瞬時に、かつ、しっかりテイクバックするボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背筋を伸ばす)ヒヨコブリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】 トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す常にグリップの位置を身体から離す身体から遠い位置から振り始める腕が伸びきるほど前でボールを捕らえる
【バックストローク】
身体の捻り戻しを止めて打つ可能な限り早く大きくテイクバックする右手でぶら下げる肩の上に顎を乗せる脱力のち調整ブロックリターンラケットを立てるTB
【バックスライス】
顔を残すトップ打ち厚く打つエッジ方向打ち
【ボレー】
瞬時に面を作るコンパクトに厚く打つ少しでも高い位置で打つ(足で打つ)グリップエンド先行フォワードスイング直後に右手を離す肘を前に維持するフォアボレーエッジ方向打ち(バックボレー)ネットより高いボレーは叩く浮いたら決めに行く
【サーブ】
脱力トロフィーポーズ万歳状態みぞおちを前に突き出したトロフィーポーズ(インパクトまで維持)手首の角度を維持最後までボールを見て顔を残すインパクト時に身体を開かないネットを越すことを意識する


     

      1日1クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

久しぶりの安定感

昨朝は家でトレーニング、重り4㎏のジョギングをし、タロケン、ウズに勉強を教えてから、浅田駐車場で壁打ちしました。

帰りは雨だったので入船公園でのトレーニングはパスして、浅田駐車場で壁打ちした後、家に帰ってゆっくりしました。

テニスブログブログランキング参加用リンク一覧1日1クリックでオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります  

2020年壁打ち:30回、時間25+30分、累計845分】

2020年は毎日最低10分走る2020RUN:27回、時間10分、累計314

2020年両足スクワット+両手広げ:日数14、回数300回、累計4,200回】

2020年度大股歩き&ジャンプストップ:6日、歩数0歩、累計900歩】

2020年は毎日やる2020年体幹強化体操回数、累計27日

2020年は毎日やる2020年柔軟体操実施日数、累計27日

2020年は毎日やる2020年ぎっくり腰予防体操回数、累計27日
2020年重り付き横跳び日数11日、回数80回、累計640回

2020年ダッシュ:6日、0回、累計33本】

2020年ロストボール:0個、累計2個】

【2020年シャドウテニス:累計4日


昨日の記事の壁打ちを、昨日も試してみたのですが、思った以上に良い感じでした。
昨日の記事の方法だと、手首を背屈させてTBし、息を軽く吐きながら打球面を伏せて腕を少し前に出し、一気に息を吐くと同時に腕を走らせる形になります。


何が良いかというと、1)呼吸法を自然に使える(上述)、2)伸張反射を使う(打球面を伏せる)けど厚く打てる(握りを薄くした効果)、3)TBで確実に身体が横を向く(右手で外フレームを押す効果)、フラフラしない(手首を背屈させる)、5)打点の位置を限界まで前にしやすい(呼吸法のウンで一気にラケットを走らせるのは呼吸フーの後だから)、の5点です。


完全に脱力してフラフラだと、打つ度に打ち方が変わって安定しないのは道理です。
その点、「右手で左手首を背屈させる」、「打球面を伏せる」という動きは意識下の動きであり、脱力をしてはいても完全にフラフラになるのを防止することに繋がり、再現性を上げることができるように感じています
少し前までやっていた打ち方との違いは、握りが薄くなった点と、打点を限界まで前にする点だけなので、かなり馴染みやすいと感じています。
また、伸張反射を使うので、回転量を多くすることも可能であり、安心感が全く違います。
更に、呼吸法によって雑念排除の効果も大きいと思っています。


この打ち方を壁打ちで試したのは3回だけですが、ここしばらく続いていた「壁打ちでもコントロールできない」という悲惨な状態からは、少なくとも脱出できました(笑)

【重要項目一覧】R18
【試合の臨む心構え】 守りのショットも気持ちは攻める攻める気持ちで深いボールを打つ
【ストローク共通】 瞬時に、かつ、しっかりテイクバックするボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背筋を伸ばす)ヒヨコブリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】 トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す常にグリップの位置を身体から離す身体から遠い位置から振り始める腕が伸びきるほど前でボールを捕らえる
【バックストローク】
身体の捻り戻しを止めて打つ可能な限り早く大きくテイクバックする右手でぶら下げる肩の上に顎を乗せる脱力のち調整ブロックリターンラケットを立てるTB
【バックスライス】
顔を残すトップ打ち厚く打つエッジ方向打ち
【ボレー】
瞬時に面を作るコンパクトに厚く打つ少しでも高い位置で打つ(足で打つ)グリップエンド先行フォワードスイング直後に右手を離す肘を前に維持するフォアボレーエッジ方向打ち(バックボレー)ネットより高いボレーは叩く浮いたら決めに行く
【サーブ】
脱力トロフィーポーズ万歳状態みぞおちを前に突き出したトロフィーポーズ(インパクトまで維持)手首の角度を維持最後までボールを見て顔を残すインパクト時に身体を開かないネットを越すことを意識する


     

      1日1クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

右手で外フレームを押す要領

昨日は朝から雨でしたが、朝一で重り4㎏で傘をさして走り、トレーニングを家でやりました。

その後、子供たちの勉強を見たり、だったので、テニスは中止にして、家でTV見たり、Amazon Primeを観たりしました。

Amazon Primeで観た、「きっとうまくいく」というインドの映画、今まで観た映画で1、2を争うレベルの最高の映画でした。
強くお勧めいたします(笑)

夕方、白金公園に壁打ちに行きました。
周りが整理されており、ホームレスのSさんが荷物を隠していた部分(橋脚周り)は立ち入り禁止となっていました。
予想ですが、多分、あそこではもう寝起きしていないのではないでしょうか・・・
今でも元気でどこかで暮らしていてくれたら嬉しいのですが・・・

テニスブログブログランキング参加用リンク一覧1日1クリックでオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります  

2020年壁打ち:28回、時間30分、累計790分】

2020年は毎日最低10分走る2020RUN:26回、時間11分、累計304

2020年両足スクワット+両手広げ:日数13、回数0回、累計3,900回】

2020年度大股歩き&ジャンプストップ:6日、歩数0歩、累計900歩】

2020年は毎日やる2020年体幹強化体操回数、累計26日

2020年は毎日やる2020年柔軟体操実施日数、累計26日

2020年は毎日やる2020年ぎっくり腰予防体操回数、累計26日
2020年重り付き横跳び日数10日、回数0回、累計560回

2020年ダッシュ:6日、0回、累計33本】

2020年ロストボール:2個、累計2個】

【2020年シャドウテニス:累計4日


昨日の壁打ち場、白金公園は照明が暗いので、強く打てませんでしたが、感覚は悪くありませんでした。
TB時に、右手で外フレームを押す要領でラケットを立てると、その際に右手が後方に行くので、身体の開きを抑えられます。
これは、握りを薄くする前には非常に大切な項目として意識していた項目です。


明日も、壁打ちで意識して練習してみます。

【重要項目一覧】R18
【試合の臨む心構え】 守りのショットも気持ちは攻める攻める気持ちで深いボールを打つ
【ストローク共通】 瞬時に、かつ、しっかりテイクバックするボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背筋を伸ばす)ヒヨコブリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】 トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す常にグリップの位置を身体から離す身体から遠い位置から振り始める腕が伸びきるほど前でボールを捕らえる
【バックストローク】
身体の捻り戻しを止めて打つ可能な限り早く大きくテイクバックする右手でぶら下げる肩の上に顎を乗せる脱力のち調整ブロックリターンラケットを立てるTB
【バックスライス】
顔を残すトップ打ち厚く打つエッジ方向打ち
【ボレー】
瞬時に面を作るコンパクトに厚く打つ少しでも高い位置で打つ(足で打つ)グリップエンド先行フォワードスイング直後に右手を離す肘を前に維持するフォアボレーエッジ方向打ち(バックボレー)ネットより高いボレーは叩く浮いたら決めに行く
【サーブ】
脱力トロフィーポーズ万歳状態みぞおちを前に突き出したトロフィーポーズ(インパクトまで維持)手首の角度を維持最後までボールを見て顔を残すインパクト時に身体を開かないネットを越すことを意識する


     

      1日1クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

参加中のブログ
ギャラリー
  • 下半身を使ってなかった!
  • 下半身を使ってなかった!
  • 1月2日
  • 1月2日
  • 1月2日
  • 1月2日
  • サッパリ・・・
  • ジョコTBにトライ
  • 肩からの脱力を強く意識する
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ