今日も懲りないオヤジA

必勝法『勝つまでやる』で、目標の全日本オヤジ選手権優勝を達成する・・・予定のテニス馬鹿オヤジのブログです!

2019年03月

バックドライブ、良い感じ!

昨朝は家で重り2㎏のジョギングをし、一家でMさんの職場コートに行き、bea**_ok*nawaさんと練習しました。
タロケンは体調不良で、車から出ませんでした。
オヤジAも体調不良(風邪)でしたが、強引にテニスしました(笑)

その後、家に帰り、一家で母ちゃんの実家に車で行きました。
夕食を食ってから、オヤジAだけ家に帰ってきました。
薬を飲んだので風邪はかなり良くなりましたが、まだイマイチです。

テニスブログブログランキング参加用リンク一覧
←1日1クリックでオヤジAブログランキグ馬鹿が上がります     
【2019年壁打ち:100時間:0分、累計2,720
2019年は毎日、限界の10分間走を入れる【2019年RUN:89回時間11分、累計972分
2019年両足スクワット+両手広げ:日数36回数0回、累計10,260回】
【2019年度大股歩き&ジャンプストップ:41日、歩数0歩、累計3,880歩】
2019年は毎日やる【2019年体幹強化体操回数、累計89回】
2019年は毎日やる2019年柔軟体操実施日数、累計89
2019年は毎日やる2019年ぎっくり腰予防体操回数、累計89
【2019年ダッシュ:41回、0本、累計194本
【2019年往復ダッシュ:累計2本、最短記録34.53秒】
【2019年ロストボール:0個、累計97個】

昨日の練習でも、TBでラケットを立てるバックのドライブを練習しました。
昨日の記事のラケットを立てる方法も練習しました。
まだ、速いボールに対する対応がイマイチの時もありますが、かなり良い感じです。


この打ち方に変えて、まだ1週間ですが、緩いボールなら自信を持って叩けるようになりました。
かなりの進化速度です(笑)


今日は高いボールをフラット気味に叩く練習をしてみます 


【重要項目一覧】R16
【試合に臨む心構え】守りのショットも気持ちは攻める
【バックスライス】顔を残すトップ打ち厚く打つMさん打ち
 
↑↑↑
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

バックドライブでラケットを立てる方法(案)

昨朝は家でトレーニングと重り2㎏のジョギングをし、タロケンに勉強を教えて、中ノ橋で壁ボレーをしました。

昨日は東京本社最後の出社になりました。来週からは横浜本社に出社します。間違わないようにしないと・・・ってさすがにそれは無いか(笑)


帰りは白金公園で壁打ちした後、ガットを即張りしてもらってから、家に帰りました。

テニスブログブログランキング参加用リンク一覧
←1日1クリックでオヤジAブログランキグ馬鹿が上がります     
【2019年壁打ち:100時間:20+30分、累計2,720
2019年は毎日、限界の10分間走を入れる【2019年RUN:88回時間11分、累計961分
2019年両足スクワット+両手広げ:日数36回数100回、累計10,260回】
【2019年度大股歩き&ジャンプストップ:41日、歩数0歩、累計3,880歩】
2019年は毎日やる【2019年体幹強化体操回数、累計88回】
2019年は毎日やる2019年柔軟体操実施日数、累計88
2019年は毎日やる2019年ぎっくり腰予防体操回数、累計88
【2019年ダッシュ:41回、0本、累計194本
【2019年往復ダッシュ:累計2本、最短記録34.53秒】
【2019年ロストボール:2+1個、累計97個】

ここ数日の壁打ち、及びコートでの実践で、TBでラケットを立てた方が良いボールを打てることは間違いないと確信するに至っています。
威力も回転も精度もそして楽さも、水平に引くよりもはるかに上ゆえ、もう疑う余地はありません
そして、ラケットは、可能な限り瞬時に立てることが大事ですが、その方法を今、試行錯誤しています。


現時点では、バックとわかった瞬間に身体をターンさせながら、「イチョウ部分を持った右手(=打球面)をほぼ顔の前にセットし、左手だけを後方に伸ばす」をしています。
これをすると、打球面よりもグリップが確実に後方に移動するので、ラケットがややネット方向(=前方向)に傾いた形で立ちます。


実際にはこの状態よりもやや後方にラケットを移動させてからFSに移行します。こうすると、グリップよりもやや前にあった打球面が、右手と共に重力で後方下に移動しながらスイングが加速していく(←これは無意識)ので、とにかく、上記の「ラケットがややネット方向(=前方向)に傾いた形」を瞬時に作るのがポイントであり、この状態を作る上で身体をターンさせて左腕を伸ばす際に、右腕をほぼ顔の前から(あまり)動かさないことが重要です。
身体をターンさせる際に、今までの癖で右手も後方に移動させたくなりますが、こうするとラケットが立たないのです。


「右手をほぼ顔の前からあまり動かさない」は「ラケットを引く」とは真逆の行為ですが、これがラケットを瞬時に立てるためには大事だと、現時点では考えています。
この方法は、まだこれから改良していく必要があると感じています 


【重要項目一覧】R16
【試合に臨む心構え】守りのショットも気持ちは攻める
【バックスライス】顔を残すトップ打ち厚く打つMさん打ち
 
↑↑↑
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

手首フル背屈のための力は不要

昨朝は家でトレーニングし、タロケンに勉強を教えて、中ノ橋で大股歩き・ジャンプストップとダッシュ、壁ボレーをしました。

夜は飲み会で、横浜に行きましたが、電車で東京駅まで戻り、自転車で家に帰りました。
それは今朝、最後の壁ボレーを中ノ橋児童遊園でするためです

テニスブログブログランキング参加用リンク一覧
←1日1クリックでオヤジAブログランキグ馬鹿が上がります     
【2019年壁打ち:98時間:20分、累計2,670
2019年は毎日、限界の10分間走を入れる【2019年RUN:87回時間11分、累計950分
2019年両足スクワット+両手広げ:日数35回数0回、累計10,160回】
【2019年度大股歩き&ジャンプストップ:41日、歩数100歩、累計3,880歩】
2019年は毎日やる【2019年体幹強化体操回数、累計87回】
2019年は毎日やる2019年柔軟体操実施日数、累計87
2019年は毎日やる2019年ぎっくり腰予防体操回数、累計87
【2019年ダッシュ:41回、5本、累計194本
【2019年往復ダッシュ:累計2本、最短記録34.53秒】
【2019年ロストボール:1個、累計93個】

先日のO市オヤジ選手権は、改良中だったフォアハンドストロークで臨みました。
正直言ってずっとイマイチでしたが、最後の試合、決勝の途中から良くなりました。


良くなった時に注意した事は、
1)手首をフル背屈させる時に、前腕に力を殆ど入れない
 (力を軽く入れても強く入れなくても、ほぼ同じ背屈度合い)
 (手首フル背屈のために前腕に強い力を入れると力みが生じる)
2)手首をフル背屈させた時に、前腕は内旋、外旋させない
 (前腕に捩じれはない状態、これが厚い当たりを打つコツ)
3)呼吸法フーでグリップをボールに近づける
 (ヘッドは身体に対して左斜め前を指す←意識しない)
4)呼吸法フーで「打球面を完全に伏せる」は意識しない
 (打球面を後方に向けたTBをすれば自然に伏せる形に近くなる)
 (完全に伏せようと意識すると、前腕が外旋されてしまう)


上記の意識で、十分に厚い当たりが可能になります。


少し前まで、前腕を外旋させて打球面を伏せようとしていましたが、前腕を外旋させる場合は前腕に力が必要です。
最近、上記の通り、厚く打つために前腕を外旋させない方向に舵を切りましたが、手首を背屈させるに当たって、「前腕に力を入れる」だけが残ってしまっていました


前腕にあまり力を入れなくても、力を強く入れた時とほぼ同程度のフル背屈が可能ゆえ、手首フル背屈のために前腕に力をあまり入れない、これが正解だと感じています。
上記に注意して打ったフォアハンドストロークは、火曜日のナイターテニスでは絶好調でした。


【重要項目一覧】R16
【試合に臨む心構え】守りのショットも気持ちは攻める
【バックスライス】顔を残すトップ打ち厚く打つMさん打ち
 
↑↑↑
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

立てるTBのバックドライブ実践

昨朝は重り2㎏のジョギングをし、タロケンに勉強を教えて、中ノ橋で壁ボレーをしました。

帰りは白金公園で壁打した後、家に帰ってからゆっくりしました。

テニスブログブログランキング参加用リンク一覧
←1日1クリックでオヤジAブログランキグ馬鹿が上がります     
【2019年壁打ち:97時間:20+40分、累計2,650
2019年は毎日、限界の10分間走を入れる【2019年RUN:86回時間11分、累計939分
2019年両足スクワット+両手広げ:日数35回数0回、累計10,160回】
【2019年度大股歩き&ジャンプストップ:40日、歩数0歩、累計3,780歩】
2019年は毎日やる【2019年体幹強化体操回数、累計86回】
2019年は毎日やる2019年柔軟体操実施日数、累計86
2019年は毎日やる2019年ぎっくり腰予防体操回数、累計86
【2019年ダッシュ:40回、0本、累計189本
【2019年往復ダッシュ:累計2本、最短記録34.53秒】
【2019年ロストボール:4個、累計92個】

火曜日のナイターテニスで、ラケットを立てたTBのバックのドライブをコート1面で実践してみました。
少し前の記事に書きましたが、この方法はとにかく簡単です。


腰を回す必要があるのなら足で踏ん張る必要が出てきますが、ラケットを立てたTBから振り出すだけでラケットが加速できるので、踏ん張らなくても打てます。
勿論、踏ん張った方が強いボールを精度良く打てますが、「踏ん張らなくても打てる」という点は、特にコート1面をカバーする必要があるシングルスで、非常に高評価です。


また、加速距離が取れるためにスイング速度が速くなり、鋭い回転がかかります。相手のボールが厳しくなければ、ショートクロスも自在です。
今まで、浅くなると叩かれるのでバックのドライブをラリーで使えませんでしたが、この打ち方なら鋭い回転がかかるので、多少浅くても簡単には叩かれません。


今のTBは、右脇を締めてラケットを立てるため、グリップの位置がラケットヘッドよりも後方に移動している(ラケットヘッドがグリップよりもネットに近い)感じになります。そのために、TBで肩が自然に入ってギュッと小さくなってから、ボールを打つ時にパッと大きくなるイメージです。


TBでラケットを立ててインパクトまでの加速距離が少し長くなっただけで、ラリーでもバックドライブを使えるし、エースも狙える等、世界が激変しました。


現時点の問題は、リターン等の余裕がない時に、瞬時にラケットを立てることが出来ない点です。余裕がない時にこそ、瞬時にラケットを立てたいのに・・・
しかしこれは、解決策を探せるだろうと考えています。
この方法、間違いなく使えます! 


【重要項目一覧】R16
【試合に臨む心構え】守りのショットも気持ちは攻める
【バックスライス】顔を残すトップ打ち厚く打つMさん打ち
 
↑↑↑
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

危うく本末転倒

昨朝は家でトレーニング、重り2㎏のジョギングをし、中ノ橋で大股歩き・ジャンプストップとダッシュ、壁ボレーをしました。
子供達は起きてきませんでした。

夜は入船公園でナイターテニスをWさんとT君の3人でやりました。

テニスブログブログランキング参加用リンク一覧
←1日1クリックでオヤジAブログランキグ馬鹿が上がります     
【2019年壁打ち:95時間:20分、累計2,590
2019年は毎日、限界の10分間走を入れる【2019年RUN:85回時間11分、累計928分
2019年両足スクワット+両手広げ:日数35回数300回、累計10,160回】
【2019年度大股歩き&ジャンプストップ:40日、歩数100歩、累計3,780歩】
2019年は毎日やる【2019年体幹強化体操回数、累計85回】
2019年は毎日やる2019年柔軟体操実施日数、累計85
2019年は毎日やる2019年ぎっくり腰予防体操回数、累計85
【2019年ダッシュ:40回、5本、累計189本
【2019年往復ダッシュ:累計2本、最短記録34.53秒】
【2019年ロストボール:0個、累計88個】

ここ3週間ほど、バックのスライスとバックボレーがイマイチでした。
スライスはしっかりコックしているのに、イマイチ、ボレーはしっかりしたコックさえ出来ない始末・・・
O市オヤジ選手権でもイマイチで非常に不本意でかつ、悔しい思いをしてきたのですが、昨日の壁打ちで気づきがありました。


手首のコックは大事だけど、そもそもコックをし始めた理由は、エッジ方向に振り出す上で都合が良いからです。
コックはエッジ方向打ちのための1つのツールなのです。
・・・にも関わらず、エッジ方向に振り始める・・・という一番大事なことを忘れてしまっていました
完全に本末転倒していました・・・というか、「本」を忘れていました。


エッジ方向に振り始めることを強く意識すると、ボレー、スライスとも、また調子が良くなってきました。


【重要項目一覧】R16
【試合に臨む心構え】守りのショットも気持ちは攻める
【バックスライス】顔を残すトップ打ち厚く打つMさん打ち
 
↑↑↑
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります
参加中のブログ
ギャラリー
  • 下半身を使ってなかった!
  • 下半身を使ってなかった!
  • 1月2日
  • 1月2日
  • 1月2日
  • 1月2日
  • サッパリ・・・
  • ジョコTBにトライ
  • 肩からの脱力を強く意識する
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ