今日も懲りないオヤジA

必勝法『勝つまでやる』で、目標の全日本オヤジ選手権優勝を達成する・・・予定のテニス馬鹿オヤジのブログです!

2016年09月

ボレー復調中!

昨日は朝、ジョギング、トレーニング、壁打ち、帰りにも壁打ちしました(笑)

11クリックでオヤジAブログランキグ馬鹿度が上がります     
【2016年壁打ち:回数230、時間:20+30分、累計7,680分
【2016年RUN:8、時間:25分、累計195分
2016年両足スクワット+両手広げ:日数181、回数0回、累計33,200回】
【2016年度大股歩き(ジャンプストップ、両足ジャンプ):72日、歩数50+50歩、累計10,790歩】
【2016年体幹強化体操回数、累計237回】
2016年柔軟体操実施日数、累計244日】
【ぎっくり腰予防体操回数、累計244回】
【2016年ダッシュ:21回、0本、累計110本】
【2016年ロストボール:0個、累計108個】

遂にボレーの調子が上がってきました。
昔は「ボレーは簡単なので、試合前にちょっと調整しよう!」と自信を持っていましたが、10年近く前から、どんなに長く練習しても「サッパリ」になっていました(涙)


ボレー復調のキッカケは先日の記事です。
壁打ちのせいで、無意識のうちに正面を向いてボレーをするようになっていたことに気付き、身体をターンさせてTBするようにしたら、急に狙いの精度が上がり、またボールのスピードも出てきました。


ボレー復調に更に追い討ち(笑)をかけたのが9/20の「壁打ち禁止」の貼り紙です。結果的に、貼り紙は直ぐに剥がして壁打ちは継続しています(笑)が、朝は、トレーニングと音がうるさくないボレーとスライスをメインにしたメニューに変更しています。それゆえ、身体をターンさせるTBを身につける練習量は十分に確保できていますし、トレーニングのおかげで、機敏な動きも可能になっています。貼り紙のおかげ、貼り紙さまさまです(笑)


一方、ボレーとセットで考えるべきスマッシュは、今年の春から継続して多めに練習しているので、自信を維持しています。
ここに来てのボレーの復調は本当に朗報です。

【重要項目一覧】R12
【試合に臨む心構え】守りのショットも気持ちは攻める
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

押す感じの強弱で深さを調整

昨朝はかなり疲れていましたが、ハードなトレーニングをしました

11クリックでオヤジAブログランキグ馬鹿度が上がります     
【2016年壁打ち:回数228、時間:15+30分、累計7,630分
【2016年RUN:7、時間:0分、累計170分
2016年両足スクワット+両手広げ:日数181、回数300回、累計33,200回】
【2016年度大股歩き(ジャンプストップ、両足ジャンプ):71日、歩数100+100歩、累計10,690歩】
【2016年体幹強化体操回数、累計236回】
2016年柔軟体操実施日数、累計243日】
【ぎっくり腰予防体操回数、累計243回】
【2016年ダッシュ:21回、0本、累計110本】
【2016年ロストボール:0個、累計108個】

昨日の記事の方法を、昨日の壁打ちで再確認しました。
直線的なスイングを意識したら、(思いきり切る場合でも、そうでない場合でも)打つ瞬間に「ボールを押す感じ」を持てますね!
ボールを打つ瞬間に「ギュッ」と力を入れる感じです。


今までは、とに角全開で切ることによって鋭い回転をかけ、その分、その分、推進力を失ったボールがコートに納まる感じでしたが、この方法だとシビアな深さの調整が出来ませんでした。打ったボールは跳ねずに滑るのですが、相手が上手いと、浅いボールは命取りです。
また、リターンを打つ際はタッチ勝負の打ち方となって強く打つことが出来ず、これまた、かなり苦労しました。


しかし、 直線的なスイングの場合は、押す感覚の強弱で深さを調整出来ると感じています
先日の押スライスの時はビギナーズラックで絶好調でしたが、打ち方に関する詳細を掴んでいなかったので、不調になったらコントロール出来そうにないという強い不安感がありました。


今は、絶好調感はありませんが、今までの打ち方ではコントロール出来なかった「深さ」を調整出来るという安心感があります。
思い切り打てるレベルまでは来ていませんが、ボールを深くコントロール出来れば、イーブンの状態でのラリーが可能なので、今までの打ち方よりも試合で頼りになりそうです。


残念ですが、これ以上の追及は時間的に困難ゆえ、今年の全日本はこの打ち方で行くしかありません!

【重要項目一覧】R12
【試合に臨む心構え】守りのショットも気持ちは攻める
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

最短距離&直線のイメージ

昨朝はナイターテニスが出来ました!

11クリックでオヤジAブログランキグ馬鹿度が上がります     
【2016年壁打ち:回数226、時間:30分、累計7,585分
【2016年RUN:7、時間:0分、累計170分
2016年両足スクワット+両手広げ:日数180、回数0回、累計32,900回】
【2016年度大股歩き(ジャンプストップ、両足ジャンプ):70日、歩数50+50歩、累計10,490歩】
【2016年体幹強化体操回数、累計235回】
2016年柔軟体操実施日数、累計242日】
【ぎっくり腰予防体操回数、累計242回】
【2016年ダッシュ:21回、0本、累計110本】
【2016年ロストボール:0個、累計108個】

昨朝の壁打ち(基本的には、トレーニング+音が小さいボレー+少しだけスライス)でヒントを掴み、ナイターテニスで確かめました。
ヒントは、「TBからボールに向かって、最短距離かつ直線的にスイング」してボールを打つと良さそうだ・・・というイメージです。


スイングを凸状に(上側に)膨らませたり、凹状に(下側に)へこませたり、或いは、意識的に打球直後に上方向にフォロースルーをしよう(←最近はこうなっていた)としたりしないで、極力真っ直ぐなスイングで、(手首を変にコックさせたりせずに)最も自然にボールを「打ち抜く」イメージです。


この方法だと、スイングの過程で多少打点が前後しても、面とスイングの角度は大して変わりません。
また、(手首の角度を固定する意識は必要ですが)背屈方向のコックは特に意識しないので、ボレーとほぼ同じの、非常に楽で自然な打ち方になります。


面の向きやスイングの方向は一定のまま、真っ直ぐな軌道のダウンスイングでボールを打つ、この「真っ直ぐな軌道」部分を少しでも長く確保するために、後方に大きいTBを取り、また前方向に大きいフォロースルーを行います


「真っ直ぐに厚く当てる」イメージだと、ボールの飛び出す角度をコントロールし易いので、ボールの深さも調整可能です。
押スライスで絶好調だったナイターテニスから丁度2週間目の昨日のナイターテニス、久しぶりに「少しだけ」良い感じになりました。


全日本にギリギリ間に合わせることが出来るかもしれません・・・って 、試合はもう来週なんですが・・・(^^;

【重要項目一覧】R12
【試合に臨む心構え】守りのショットも気持ちは攻める
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

バックスライス迷走打破策(案)(笑)

昨朝はトレーニングをバッチリやりました
しかし、何とここに来て風邪気味です。
風邪で死亡していた一昨年の全日本の悪夢が蘇ります。
まだ試合までに時間があるので、早く治したいですね。

11クリックでオヤジAブログランキグ馬鹿度が上がります     
【2016年壁打ち:回数225、時間:15+50分、累計7,555分
【2016年RUN:7、時間:0分、累計170分
2016年両足スクワット+両手広げ:日数180、回数500回、累計32,900回】
【2016年度大股歩き(ジャンプストップ、両足ジャンプ):70日、歩数100+100歩、累計10,390歩】
【2016年体幹強化体操回数、累計234回】
2016年柔軟体操実施日数、累計241日】
【ぎっくり腰予防体操回数、累計241回】
【2016年ダッシュ:21回、0本、累計110本】
【2016年ロストボール:0+2個、累計108個】

押スライスで一度、非常に良い感覚を味わったために追求する気持ちが強くなり、その結果、バックスライスは完全に迷走中です(^^;


今までの「全開で強く切る打ち方」は、かなり長い間やっているにも関わらず深さを調整出来ないので、何かが間違っていると感じています。
一方、押スライス、(不調になってからは)気を抜くと簡単にアウトしてしまいます。今まで飛距離を調整していた回転量が減ったせいではないかと思われますが、このままでは怖くて試合では使えません。


そんな中、考えた「机上の空論」を紹介します(笑)
打球面が地面と垂直に近い上向きだと「水平に近いダウンスイング」をしないと、(飛ばしたい角度である)やや 上向きには飛びませんが、この場合、回転量は当然少なくなります。
打球面をかなり斜め上に向けた場合、水平に近いダウンスイングだとボールは上に上がるので、かなりの急角度でダウンスイングする必要があります。これが今までの打ち方で、回転量は十分で、それなりに安定しますが、急なダウンスイングゆえに「完全に切る」ことになり、押す感覚が持てないために深さの調整が困難です。


この2つの間に正解があるという仮説ですが、調整すべき要素は「打球面の上向け具合」と、「ダウンスイングの下向け度合い」の2つ有り、たいへんです。
つまり、「強く切る打ち方をしていた今までよりも、①ダウンスイングの角度も多少緩やかにして、かつ、②少しだけ打球面を地面に垂直に近くする」と なります。
2つの要素を一挙に変えると、間違いなく訳が分からなくなりそうなので、まずは調整が容易なダウンスイングの角度を少し緩くして一定にする・・・という作戦です(笑)


すなわち『ダウンスイングの角度を少しだけ緩やかにして、思いきり切ってみる→アウトする→同じスイング軌道でアウトしないように打球面の角度を垂直に近づけていく』というプロセスです。要するに調整要素を打球面の向きだけにするという作戦です。


かなり駄目っぽいですが、今夜のナイター練習で試してみます。
全日本オヤジ選手権が近いのに、こんな初歩的な調整をしているオヤジは100%、他に居ないでしょうね、トホホ・・・

【重要項目一覧】R12
【試合に臨む心構え】守りのショットも気持ちは攻める
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

練習出来た!

昨朝は初めてE君が練習に来てくれました。久しぶりに会ったE君はかなり上手くなっていました。Mさんとお嬢さんのMちゃんも参加してかなり濃い1.5時間の練習が出来ました。

午後から会社コートに行き、基礎練を中心にボールを沢山打てました。
会社コートは今日からオムニコート化のための工事が始まります。
来週末にはオムニコートが完成します!

11クリックでオヤジAブログランキグ馬鹿度が上がります     
【2016年壁打ち:回数223、時間:0分、累計7,490分
【2016年RUN:7、時間:0分、累計170分
2016年両足スクワット+両手広げ:日数179、回数0回、累計32,400回】
【2016年度大股歩き(ジャンプストップ、両足ジャンプ):69日、歩数0歩、累計10,190歩】
【2016年体幹強化体操回数、累計233回】
2016年柔軟体操実施日数、累計240日】
【ぎっくり腰予防体操回数、累計240回】
【2016年ダッシュ:21回、0本、累計110本】
【2016年ロストボール:0個、累計106個】

昨日は、色々と練習が出来ました。
フォアのストロークとボレーは好調でした。
特に先日の記事のフォアボレーは非常に良い感じでした。


ボレーが良くなってくると、試合展開が楽になります。
朝は音を出せないので、ボレーの練習とトレーニングをします。
ただ、問題なく壁打ち出来れば良いのですが・・・

【重要項目一覧】R12
【試合に臨む心構え】守りのショットも気持ちは攻める
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります
参加中のブログ
ギャラリー
  • 下半身を使ってなかった!
  • 下半身を使ってなかった!
  • 1月2日
  • 1月2日
  • 1月2日
  • 1月2日
  • サッパリ・・・
  • ジョコTBにトライ
  • 肩からの脱力を強く意識する
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ