今日も懲りないオヤジA

必勝法『勝つまでやる』で、目標の全日本オヤジ選手権優勝を達成する・・・予定のテニス馬鹿オヤジのブログです!

2015年03月

最も自然な腕の形

眠いです。
今朝は0時過ぎに目が覚めて、3時前まで眠れず。。。
まあ、その後、眠れたので良しと考えるしかないですね。

11クリックでオヤジA
ブログランキングと馬鹿度が上がります 
 
【2015年壁打ち:回数45、時間:40分、累計3,470
【2015年RUN:37回、時間:0分、累計520
2015年片足スクワット(JUMP):回数62、回数0/足、累計6,200/足】
2015年片足カーフレイズ:回数62、回数200/足、累計12,400/足】
2015年大股歩き:回数43、歩数:0歩、累計4,300歩】
2015年体幹強化体操回数、累計90回】
2015年柔軟体操実施日数、累計90日】
【ぎっくり腰予防体操回数、累計56回】
 【2015年ダッシュ:34回、0本、累計170本
上記はこれから実施する数字

日曜日はミスが少ないテニスをするS君とゲームが出来ました。
S君はいつもとは違って少しミスが多かったのですが、オヤジAも伸腕フォア振り始めの脱力がイマイチで、その結果、スイング速度がイマイチになってしまいました。


ここのところずっと全く問題なかった振り始めの脱力が不調だったので、かなりショックでした。
そこで、昨朝の壁打ちでは、振り始めの脱力の感覚を取り戻すべく、練習しました。


伸腕フォアの基本は、「完全脱力を演じる方法」と「身体から遠い位置にテイクバックする」の2つです。
この2つの基本を意識して壁打ちをしていたら、かなりマシになりました。
特に身体から遠い位置にテイクバックした際に限界まで手首や腕から脱力する意識が大切で、これをしなかったら絶対に駄目ですね。面を変な方向に向けたり、手首を固めたりして力を使うと、必ずおかしくなります。
そもそも完全脱力を演じる方法腕の意識を消す方法でもあるので、手首や面の意識を持つとおかしくなるのは道理です。


とにかく一番楽な形、自然な形で腕をダラーンと伸ばして腕の意識を消すイメージが大事です。
試合直前にこれに気づけたのは大きいですが、これに気づいた後にコートで練習出来てないので、まだ不安が残ります・・・
まずはこの後の壁打ちで確認ですね。

【重要項目一覧】R4
  
【ストローク共通】瞬時に、かつ、しっかりテイクバックする打つ直前まで細かく足を動かすボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背すじを伸ばす)ヒヨコグリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す
【バックドライブ】身体の捻り戻しを止めて打つ
 
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

体を捩じるトロフィーポーズ

一昨日の山登りで、昨日は超激しい筋肉痛でした(今日もですが)。
そんな中、朝2時間、みっちり練習(そのうち1時間はマッチ練)しました。
同じく激烈筋肉痛の母ちゃんは朝の1時間だけでダウンしたので、午後から会社のコートに一人で行きましたが、初心者1人しかおらず、コーチをすることになり、試合前の練習としてイメージしていたものとは程遠いものしか出来ませんでした。
球出し練習とサーブ練習が出来ただけマシと考えよう・・・(^^;

11クリックでオヤジA
ブログランキングと馬鹿度が上がります 
 
【2015年壁打ち:回数44、時間:40分、累計3,430
【2015年RUN:37回、時間:15分、累計520
2015年片足スクワット(JUMP):回数62、回数100/足、累計6,200/足】
2015年片足カーフレイズ:回数61、回数0/足、累計12,200/足】
2015年大股歩き:回数43、歩数:100歩、累計4,300歩】
2015年体幹強化体操回数、累計89回】
2015年柔軟体操実施日数、累計89日】
【ぎっくり腰予防体操回数、累計55回】
 【2015年ダッシュ:34回、0本、累計170本
上記はこれから実施する数字

トイレの棚に置いている古いテニス雑誌を見ていて「おっ!?」と思いました。
曰く「トロフィーポーズで身体を左右に捻ったら肘が下がらない
うーん、若干眉唾だが、本当かもしれない・・・と思った次第です。少なくとも身体を捻るのは悪い話ではないはずです。


オヤジAの今までのトロフィーポーズはそれほど大きな捻りはありません。少しでも威力が出れば嬉しいな・・・と思って練習で試してみました。


肘が下がらないという印象は薄いですが、悪くはないと感じました。まだタイミングが完全には合っていませんが、しばらく続けてみようと思います。
・・・と言っても間もなく試合、厳しいですね(笑)

【重要項目一覧】R4
  
【ストローク共通】瞬時に、かつ、しっかりテイクバックする打つ直前まで細かく足を動かすボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背すじを伸ばす)ヒヨコグリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す
【バックドライブ】身体の捻り戻しを止めて打つ
 
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

腕を走らせる打ち方(反省)

昨日はテニス仲間のMさん夫妻に誘ってもらって、高尾山に登りました。
高尾山口からロープウェイで登って、そこから40分くらいで山頂に着き、そこから歩いて小仏城山の山頂、そこで食事した後、歩いて高尾山口まで戻りました。
万歩計では20万歩を超しました。
タロケンもウズも頑張りました。
父ちゃんもマジで疲れた。
イメージ 1
ロープウェイを下りた直後。
さあ、登るぞ!

イメージ 2
開運ひっぱり蛸(笑)

イメージ 3
ここまでは楽勝でした!

イメージ 4
高尾山山頂付近。
富士山がきれいに見えました。

イメージ 5
小仏城山山頂にて。
この時点でかなり疲れました。

イメージ 6
小仏城山山頂にて。
天狗とともに。

イメージ 7
昨日の総歩数。
タロケンとウズはもっと歩数が多いはずです。

昨日はTオープン前の貴重な休日、テニスしたかったのですが、我慢しました。
思った以上に疲れ果てましたが、良いトレーニングになったと考えよう!(笑)

11クリックでオヤジA
ブログランキングと馬鹿度が上がります 
 
【2015年壁打ち:回数43、時間:40分、累計3,390
【2015年RUN:36回、時間:0分、累計505
2015年片足スクワット(JUMP):回数61、回数0/足、累計6,100/足】
2015年片足カーフレイズ:回数61、回数0/足、累計12,200/足】
2015年大股歩き:回数42、歩数:0歩、累計4,200歩】
2015年体幹強化体操回数、累計88回】
2015年柔軟体操実施日数、累計88日】
【ぎっくり腰予防体操回数、累計54回】
 【2015年ダッシュ:34回、0本、累計170本
上記はこれから実施する数字

最近、フォアバック共、腕を走らせる打ち方の記事を書きました。
身体が回転している最中に打つのではなく、(表現は少し極端ですが)身体の回転が止まって(止めて)から打つイメージです。


オヤジA、実は今まで「身体が鋭く回転している最中に打つ方が速いボールを打てる」「身体と腕が同調して一緒に回転している最中のほうがコントロールし易い」と信じてきました。それゆえ、過去の記事で「同調」の重要性に関して力説しています。
しかし、この数週間で考えが全く変わりました。それは身体の回転を止めて腕を走らせる打ち方のメリットを実感したからです。


まず、スイング速度が上がり威力が出ます。これは①脱力スイングし 易い(回転する角度が小さい)、②身体の回転が止まった後に腕が更に加速する、③回転の半径が大きくなる(角速度が同じだと速度は回転半径に比例する)、が理由と思います。
また、コントロール/精度の向上も実感しています。その理由は、回転半径が大きくなって、或いはスイング軌道が変わって、単位時間当たりの面の向きの変化が少ないからだと推測しています。


「身体の回転を止めて打つ」という方法は昔から時々読み聞きしていたのですが、上述の持論に固執していたせいで、その方法に真剣に取り組みませんでした。
上達のためには、考え方をもっと柔軟にしないと駄目ですね、反省です。

【重要項目一覧】R4
  
【ストローク共通】瞬時に、かつ、しっかりテイクバックする打つ直前まで細かく足を動かすボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背すじを伸ばす)ヒヨコグリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す
【バックドライブ】身体の捻り戻しを止めて打つ
 
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

史上最高へのヒント?

今日は一家で登山です。
登山と言っても高尾山です(笑)
このブログのバックの写真はオヤジAと母ちゃんがアフリカ最高峰キリマンジャロに登った時の写真です。
キリマンジャロ登山経験者の夫婦ですが、登山はマジでバリバリの初心者です(笑)
でも子供の頃から山で遊んでいたので、山登りは好きです。
タロケンもウズも今日の高尾山を楽しんでくれたら嬉しいですね。
高尾山から帰ってきて、もし明るければ、少しでも良いのでテニスしたいのですが・・・(笑)

11クリックでオヤジA
ブログランキングと馬鹿度が上がります 
 
【2015年壁打ち:回数83、時間:40分、累計3,350
【2015年RUN:36回、時間:0分、累計505
2015年片足スクワット(JUMP):回数61、回数100/足、累計6,100/足】
2015年片足カーフレイズ:回数61、回数200/足、累計12,200/足】
2015年大股歩き:回数42、歩数:100歩、累計4,200歩】
2015年体幹強化体操回数、累計87回】
2015年柔軟体操実施日数、累計87日】
【ぎっくり腰予防体操回数、累計53回】
 【2015年ダッシュ:34回、0本、累計170本
上記はこれから実施する数字

わずか1日だけ(爆)ですが、偶然体験したオヤジAのテニス史上最高のバックのスライス再現すべく、色々と試行錯誤しています。
最近はそれほど悪くはなく、ラケットに慣れるに従って徐々に向上してきてはいるのですが、どうしても「史上最高」と比較してしまいます
史上最高はわずか1日だけでした(笑)が、「3本連続で打てればバックのスライスでエースが取れるかも・・・」と本気で思いました。
しかし本当に残念なことに、(ミスする気がしなかったことと思い切り回転をかけていた点を除いて)今ではどんな感じだったかさえ忘れてしまいました(涙)


史上最高はAi98で初めてコートで打った日だったので、「ラケット変更直前の打ち方を踏襲していたはず」をヒントに色々なトライをしていましたが、イマイチでした。そこで急浮上した新たなヒントが「エースを取れると思った」という事実です。


もしかしたら、初めてコートで使ったAi98に対して期待が大きく、アウトを気にせずに思い切り振った結果、Ai98のシャフトをしならせることになって、史上最高に結びついた???
可能性は(正直、少ないとは思いますが、笑)ゼロではありません。


Ai98の特性を活かせるスライスの秘訣は、もしかしたら、シャフトのしなりを誘発するレベルの全開スイング???
全開でスイングしたら面に乗る感じがして、コントロールし易くなる???
全開スイングで回転をかける打ち方がAi98には合っている???
細かいことは考えずに早く大きく高くテイクバックして、怖がらずに思い切り速く振る方が良い???
・・・と昨朝考えて壁打ちしてみたら、何と、思った以上に良い感じなのです!
そういえば、最近少し神経質になって、「思い切り振る」は試していません。


正直言って、 「そんなに甘くは無いだろう!」と自分でも思ってはいます(爆)が、全開スイングを早くコートで試したいです

【重要項目一覧】R4  
【ストローク共通】瞬時に、かつ、しっかりテイクバックする打つ直前まで細かく足を動かすボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背すじを伸ばす)ヒヨコグリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す
【バックドライブ】身体の捻り戻しを止めて打つ
 
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

フォアボレー、改善!

今朝も寒そうですね。
朝起きるとまず寒いか暖かいかを感じるようになりました(笑)
今朝も昨朝に続き、目覚ましで起こされるまで眠れたので、オヤジA的にはかなり得した気分です。

11クリックでオヤジA
ブログランキングと馬鹿度が上がります 
 
【2015年壁打ち:回数82、時間:40分、累計3,310
【2015年RUN:36回、時間:15分、累計505
2015年片足スクワット(JUMP):回数60、回数100/足、累計6,000/足】
2015年片足カーフレイズ:回数60、回数200/足、累計12,000/足】
2015年大股歩き:回数41、歩数:0歩、累計4,100歩】
2015年体幹強化体操回数、累計86回】
2015年柔軟体操実施日数、累計86日】
【ぎっくり腰予防体操回数、累計52回】
 【2015年ダッシュ:34回、5本、累計170本
上記はこれから実施する数字

大幅に改善されたのは事実ですが、ここ数年間のボレーはかなり低レベルだったので、実は「改善」というには恥ずかしい話です。


先日の記事に書いた通り、ラケットに「そんな打ち方じゃ駄目!」と教えてもらって(笑)、昔の様にラケットを立てる意識でフォアボレーをするように変えました。
「立てる」と言っても、勿論垂直に立てるのではなく、腕とラケットの角度を120度位に維持しようと意識する程度です。
斜めに立ったラケットでスライス面を作ろうとしたら、絶対にグリップエンドがネットに近い「グリップエンド先行」の形になります。
その結果、コンパクトなスイングでボールを上手く叩けるので、ボールが伸びます。またコースの調整は手首の 微調整のみでOKゆえ、コントロールも良くなりました。


「グリップエンドがヘッドに対して先行しない形でスライス面になっている(打球面が斜め上を向いている)だけのボレー」(←極端ですが)より「ラケットを立てることによってグリップエンド先行の形でスライス面を作ったボレー」がコントロールし易く威力も増すのは、容易に想像出来ると思います。


これは世の中の常識だし、勿論オヤジAの中でも当然常識だったのですが、慣れとは恐ろしいもので、いつの間にかラケットを立てないようになっていました。
この基本中の基本を忘れて、ボレーが不調とかAi98はボレーが飛ばないとか、話になりませんね。
マジで恥ずかしい限りです。


でも、フォアボレーが数年ぶりにちゃんと打てるようになってきたので、今後に期待大です。
ボレーに関しても、ラケットをAi98に変えて良かったといえますね(笑)

【重要項目一覧】R4  
【ストローク共通】瞬時に、かつ、しっかりテイクバックする打つ直前まで細かく足を動かすボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背すじを伸ばす)ヒヨコグリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す
【バックドライブ】身体の捻り戻しを止めて打つ
 
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります
参加中のブログ
ギャラリー
  • Nさん打ちの動画を発見!?
  • 下半身を使ってなかった!
  • 下半身を使ってなかった!
  • 1月2日
  • 1月2日
  • 1月2日
  • 1月2日
  • サッパリ・・・
  • ジョコTBにトライ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ