今日も懲りないオヤジA

必勝法『勝つまでやる』で、目標の全日本オヤジ選手権優勝を達成する・・・予定のテニス馬鹿オヤジのブログです!

2013年04月

当たり前のことをする方法


11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります
2013年壁打ち:回数88、時間:0累計3,070分】
2013RUN:回数26、時間:0、累計425分】
【2013年Balls into the River:0、累計98
今朝は久し振りにYUNOSUKEさんに練習して頂きました。
4月1日に本格的にぎっくり腰になって以来の1面練習、やはり少し怖かったです。
ここ数日は壁打ちもしていないために感覚がおかしかったのですが、テーマは「当たり前のことを当たり前にする」でした。
 

甘いボールはコーナーにボールを打ってネットで決める。
チャンスボールはミスらない。確実に振りきって叩く。
振られた時はシッカリと深い球を返して時間を稼ぐ。
こんな当たり前のことが、最近は当たり前に出来ないので、練習も試合も、共にサッパリです。
 

原因の「無用な力み」が消えずに苦しんでいたのですが、今朝は久し振りに「打つ時に息を吐く(=声を出して打つ)」ことを強く意識したら、変な力みが消えました。
精度や威力はまだまだですが、ある程度は振りきれたので、当たり前の事が少しだけ当たり前に出来ました。
早朝壁打ちはクレーム防止のために極力静かにやっているので、息を吐きながら打つことを忘れていました(笑)
こんな簡単な方法で当たり前の事が当たり前に出来るようになれば最高なのですが・・・
↑↑↑
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です

あらら・・・

ブログの更新を忘れてしまいました。
以前の消えてしまったブログを2009年4月8日に始めてから、何度かの海外出張を含めて意地でも更新してきたのですが、あっさりと・・・
一昨日から母ちゃんの実家に来ており、昨日は一家+義母、義兄の6人で三浦半島三戸浜に行き、それから母ちゃんの実家に戻って、ジョギング→風呂→飲み会でした。
更新を物理的にできない理由は全くなく、単に「更新したつもり」になっていたという情けない話です。
まあ、途切れるときはこんなもんでしょうね。
 
写真は三戸浜の磯遊びです。
イメージ 1
タロケン、ビー玉を見つけて「宝石」と言っています。
 
イメージ 2
一応、ポーズ!
 
イメージ 3
巨大なヤドカリ!!!

11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります
2013年壁打ち:回数88、時間:0累計3,070分】
2013RUN:回数26(2kg+2kg+2kg)、時間:25、累計425分】
【2013年Balls into the River:0、累計98
 
昨日はテニスなし。
6㎏の重りをつけて、母ちゃんの実家付近をジョギングしただけです。
 
先週の金曜日に、関東オープンの初日、2日目と、山口出張が重なることが確定し、デホ負けが確定しました。
 
エントリー代がパーです。
覚悟していたこととはいえ、ショックです。
 
↑↑↑
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です

エッジ方向へスイング(サーブ)

山口出張から帰ってきました。
睡眠不足でヘロヘロです。
GW前半はテニスは出来ません

11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります
2013年壁打ち:回数88、時間:累計3,070分】
2013RUN:回数25、時間:0、累計425分】
【2013年Balls into the River:0、累計98
 
例の鈴木貴男プロの本、良いですねぇ!
特にサーブに関する内容はかなり充実していると感じます。
やはり自らが得意とするショットだからでしょうね、内容に深さを感じます。
 
オヤジAはまだ左肩が完治していないのでサーブの練習は本格的には出来ないのですが、壁に向かってフォームを確認する要領で軽くサーブしています。
鈴木プロの本に基づいて、最近特に意識しているのは下記の4つです。
①    出来るだけ長く握る
②    出来るだけ軽く握る(ラケットの重みを感じる)
③    エッジ方向にスイングする
④    ラケットの先部分で打つ
 
 
これらは全てスイング速度を上げるためには非常に有効と考えています。
本当は下半身の力を上半身に伝える練習もしたいのですが、肩の違和感が消えるまでは我慢です。
 
先日、過度なトレーニングをして左肩が痛くなってしまったので、今はインナーマッスルの強化に重点を置いたトレーニングをしています。
例のチューブトレーニングと、軽めのダンベルを用いたトレーニングです。
脱力テニスを本格的に志した2009年秋から今まで、上半身の筋トレを全くしなかった(笑)ので、軽いトレーニングですが力が付いてきているのが実感出来ます!
 
↑↑↑
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です

腕を同調させる方法(MEMO)

今日は山口出張です。
腰はかなり良いのですが、100%ではないので、飛行機の柔らかい椅子が不安です。

11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります
2013年壁打ち:回数88、時間:25累計3,070分】
2013RUN:回数25、時間:0、累計425分】
【2013年Balls into the River:1、累計98

先日の記事を、壁打ちで確認中です。
上手くいく時は本当に最高なのですが、「振り遅れを怖がらないで、肩の回転と合わせて腕をゆっくり振る」はまだまだ曖昧なので、もう少し明快なイメージが欲しいです。
しかし、やっぱり曖昧なイメージしか持てないですね。
仕方ないので、その曖昧なイメージをメモしておきます。

① 背すじを伸ばして
② 脱力して
③ インパクトの形をした腕で握ったラケットを
④ 打点の後ろに入れて
⑤ フー(ゆっくり)
⑥ ウン(一気に)
⑦ という感じで身体を回転させて打つ

腕は動かさない。
腕を固める意識、脇を意識等は不要だし、持たない。
ポイントは身体を回転させて腕を引き出すことだが、とに角、「ウン」の時も含めて身体の回転と腕の動きを同調させる意識が大切。
この「同調」の為に、①から⑤が、その中でも特に⑤がポイント。
↑↑↑
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です

手首を固めるメリット(スライス系)

今日は自転車通勤時に北風(向かい風)が強くて辛かったのですが、帰る頃には南風に変わるらしく、また向かい風になりそうです(^^;

11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります
2013年壁打ち:回数87、時間:25+35累計3,045分】
2013RUN:回数25、時間:0、累計425分】
【2013年Balls into the River:4+2、累計97

スライス系のショット(ボレーを含む)は、やはり手首を固める必要があると、強く再認識しています。
いつの間にか手首を固めるという意識が消えてしまって、安定しなくなっていたボレーとスライスストロークが、手首を固めただけで、一気に改善されてきました。
壁打ちでも、感覚の改善を強く実感出来ます。
 

手首を固めるメリットとして下記を実感しています。
① コースを狙える(深さやコースのコントロールが改善された)
② ボールの勢いに負けない
 

バック(ストローク、ボレー共)は鈴木貴男プロと同様、少しだけ手首を甲側にコックさせる形で手首を固定しているために、打点が今までよりも若干ですが後ろになりました。
一般に打点が後ろになるとボールに押される傾向になるはずですが全く逆で、安定感があってかなり良い感じです。
スライス系のショットは、手首を固めるだけで面の方向の維持が容易なので、手首を固める効果を強く実感できたのかもしれませんね。
 

少なくとも壁打ちでは絶好調だし、基本中の基本を再認識したわけなので、期待しています。
↑↑↑
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です
参加中のブログ
ギャラリー
  • ジョコTBにトライ
  • 肩からの脱力を強く意識する
  • 尾てい骨付近が痛い
  • 尾てい骨付近が痛い
  • 今年初キャンプ
  • 今年初キャンプ
  • 今年初キャンプ
  • 今年初キャンプ
  • 長い一日
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ