今日も懲りないオヤジA

必勝法『勝つまでやる』で、目標の全日本オヤジ選手権優勝を達成する・・・予定のテニス馬鹿オヤジのブログです!

2012年10月

スイング軌道安定法=体軸維持法

今朝は眠たかったです。
起きるのが辛いって、オヤジAの場合、珍しいです。
マジで疲れていますが、気持ちをリフレッシュするために、壁打ちは継続です。

11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります
2012年壁打ち:回数258、時間:40、累計9,110分】
2012RUN:回数97、時間:0、累計1,510分】
 
先日の記事で書いた方法、良い感じです。
体軸を垂直にする、これは基本中の基本ですが、サイドに振られた時など、簡単に前傾してしまっていました。
これに関してちょっと考えて、興味深い対策に気づきました
 
 
脱力された腕を「垂直な体軸周り」の身体の回転で引き出そうとすると自然に「少しだけ上方向」に振られることになりますが、「前傾した体軸周り」の回転で腕を引き出すと「少しだけ上方向」が水平、或いは下方向になってしまいます。
そう、体軸が前傾すると一定の角度でスイング出来なくなりそれを(無意識に)修正しようとすると、面をかぶせたり、上方に抜いたり、肘を上げて軌道を変えたり・・・になってしまうのではないでしょうか?
要するに、『体軸が前傾するとスイング軌道が安定しないので、無意識のうちに、当たりの薄い打ち方で逃げていた可能性が大』・・・ということです。
 
 
「安定した角度で斜め上に振る」ためには体軸の垂直維持が必須です。たとえ体軸が折れても、肩のラインを水平に維持するのは必須です。
これが出来ると、スイング軌道がかなり安定する(=地面との角度が一定のスイングが出来る)ので、回転少なめの厚い当たりでも自信を伴うボールコントロールが可能になる・・・という理屈です。
今、斜め上に真っすぐに打つ意識を強く持って壁打ちしていますが、実際に体軸の垂直性維持(=反るくらい)を意識すると、それ以前と比べて飛躍的に軌道が安定してきました。
いや、正確に表現すると、『少し斜め上方向に脱力した腕を自然に振ることを意識したら、体軸が自然に立った』になるかもしれません。
 
 
いずれにせよ、「斜め上に打つ角度の安定=スイング軌道の安定」であり、その為には体軸の垂直維持が重要という事です。
体軸の垂直性維持は、脱力やスイング速度のアップだけではなく、スイング軌道の安定にも効果があったんですね。
「こんな大事なこと、もっと昔にわかれよ!」と自分に怒りさえ覚えますが、面白くなってきたので許します()
↑↑↑
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です

イメージした黄色い線を作る!

仕事、結構厳しいです。
疲れがたまっています

11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります
2012年壁打ち:回数257、時間:35、累計9,070分】
2012RUN:回数97、時間:0、累計1,510分】
 
バックのスライスの話です。
かなり斜め上への角度がブレていましたが、少し安定させるコツを2つ発見しました。
1つ目のポイントは、スイング中、特にインパクト前後で、スイング及び面の角度を変えない事です。
 
 
スイング途中でボールを持ち上げようとしても、インパクトは一瞬なので無駄です。
逆にスイングの角度が変わってしまって良いことはありません。
ボールを斜め上に打つのは、スイング軌道と面の角度に任せて(変な細工はせずに)、ラケットは面の角度を変えずに直線的に斜め下方向に振ると安定するようです。
 
 
2つ目先日の記事に書いたボレーの応用です。
ただ、ボレーの場合は「飛んできたボールの軌道をなぞる方向」に打てば良いのですが、ストロークの打点はライジング、トップ、トップの後と様々なので、「軌道をなぞる」は通用しません。
ただ、インパクト直後に飛ばすべき方向(=少し斜め上)はボレーと同様にクリアにイメージ出来るので、今は、それを強くイメージして打っています。
オヤジAの場合、インパクト付近でボールは黄色い線として見えるのですが、インパクトで折り返した黄色い線(ボールの軌道)が「斜め上方向の線」になるようにイメージすると不思議と良い感じでその線を実現出来ています(壁打ちでは)。
 
 
2つを合わせると、「打つべき方向への黄色い線を強くイメージして、それを実現すべく、ラケット面の角度を変えずに直線的に斜め下方向に振る」となります。
恐らく・・・ですが、「打つべき方向への黄色い線を強くイメージ」すると、ラケット面の角度や直線的に振る斜め下への方向も少し変わっていると思います。
「どういう面を作ってどういう角度で振る」等は考えずに、ただ「強くイメージした黄色い線の方向(=少しだけ斜め上)に飛ばすこと」を考えると良い感じです。
 
 
コートでも使えると最高なのですが・・・
 
↑↑↑
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です

高さの調整法

昨日はテニス出来ないものと思って、午前中にDVDを借りたりしたのですが、出来ました
13時から2時間、碑文谷公園で、16時から1時間、Mさんのところで・・・
いつも一家で移動するので、タロケンもウズも知らない子供たちと遊ぶ術を身につけています
 
写真は、家で作った白玉ダンゴ+あんこ+アイス+黒蜜です。
美味くて一家でパクパク食って、これが昼飯になりました
イメージ 1
 
 

11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります
2012年壁打ち:回数256、時間:40、累計9,035分】
2012RUN:回数97、時間:0、累計1,510分】
昨日の記事でも書きましたが、深く打つために色々と工夫をしています。
深く打つためには間違いなく斜め上を狙う必要があるのですが、この「斜め上の狙い方・調整の仕方」に慣れていないので、苦戦しています。
そんな中、昨日の夕方、母ちゃんと打っている時にもしかしたら・・・というヒントを発見しました。
 
 
非常にありふれた話なのですが、身体を起こす・背すじを立てるのです。イメージ的には上体を反らせるくらいの方が良いかもしれません(今までの経験から、かなり反るくらいで、やっと体軸は垂直になります)。
 
 
要するに、この斜め上に打つ際の角度の調整が、体軸を起こすと非常にやり易いと言うことに気づいた次第です。
「上体が前傾していたら、少し斜め上に打つのは難しくなりそうだ」と容易に想像できますが、それ以上に上手く行く感じです。
 
 
一昨日の記事で斜め上を真っすぐに打つ方法だとスイングが変わってしまうと書きましたが、この方法だと斜め上を「真っすぐに」狙ってもスイングが変わらないように思います(もう少しやってみないと確信は持てませんが)。
 
 
姿勢を起こす・・・教祖様の教えの基本中の基本です。
やはり基本が大事ですね。
 
↑↑↑
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です

ネット上Xメートルを全開で狙う?

仕事の疲れがたまっていたので、今朝は家でゆっくりしています。

11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります
2012年壁打ち:回数255、時間:0、累計8,995分】
2012RUN:回数97、時間:0、累計1,510分】
 
昨日の記事で思ったのですが、ボールの頂点の位置を相手コートのサービスライン付近にイメージするよりも、「ネット上Xメートルを狙って、全開で打つ」の方がいいかもしれません。
 
 
昨日の朝練では、「真っ直ぐ打とう」と思うと打ち方が変わってしまって駄目だったのですが、上記の内部意識に関しては確認出来ていないので、もし午後雨が降らなければ試してみたいです。
 
↑↑↑
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です

斜め上へ打つ(実践)

朝一でYUNOSUKEさんと朝練、その後は世田谷公園に自転車で行き、夕方、Mさんの職場でテニスさせていただきましたが、このときは眠りから覚めたウズが超機嫌ななめ、テニスはほとんど出来ませんでした
世田谷公園で遊ぶ二人です。
 
イメージ 1

11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります
2012年壁打ち:回数255、時間:0、累計8,995分】
2012RUN:回数97、時間:0、累計1,510分】
 
朝一でYUNOSUKEさんのところで練習をさせていただきました。
肩関節が駄目なので、サーブとスマッシュは無しでした。
 
 
今朝の気づきは2つです。
①ネット上1mを狙って「真っ直ぐに」斜め上に打つ意識だと打ち方が変わってしまってミスが出る。ボールの頂点の位置を相手コートのサービスライン付近にイメージするほうが上手く行く。
②頂点をイメージする打ち方だと変なプレッシャーを感じずに伸び伸び打てる。
 
 
調子云々というレベルではないけど、コートで打てて良かった、そんな1日でした。
 
↑↑↑
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です
参加中のブログ
ギャラリー
  • Nさん打ちの動画を発見!?
  • 下半身を使ってなかった!
  • 下半身を使ってなかった!
  • 1月2日
  • 1月2日
  • 1月2日
  • 1月2日
  • サッパリ・・・
  • ジョコTBにトライ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ