今日も懲りないオヤジA

必勝法『勝つまでやる』で、目標の全日本オヤジ選手権優勝を達成する・・・予定のテニス馬鹿オヤジのブログです!

2011年12月

年末のご挨拶

今日、8:30の東京駅発の新幹線で、オヤジAの故郷高知に向かって出発します。
岡山まで新幹線で、岡山から特急南風で高知までですが、全区間にわたって指定席確保済ゆえ、心に余裕があります()
電車好きのThe Own Goalsだから最初は喜ぶだろうけど、さすがに後半はうんざりだろうな・・・

 

2011年の壁打ち結果は下記の通り、合計約215時間、好きだからこその時間と回数です(^^
 

1日1クリックオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります
【2011年壁打ち:回数389、時間:0、累計12,915分】
 
今年、3年ぶりに本格的にオヤジテニス戦線に復帰しました。

しかし、「当面の目標」であった全日本オヤジ選手権出場はなりませんでした。

オヤジは練習出来なくて当たり前、練習不足は理由にはなりません。

そもそもこの当面の目標、壁打ちプレーヤーゆえに「目標」としては低めに設定したものであり、それを達成できなかったのですから本当に悔しいです。

 

 

全日本出場が絶望的となった夏、一念発起してライジング挑戦を開始したのですが、今では壁打ち環境も悪化し、壁打ちでライジングの練習をすることさえ困難な状況になっています。

しかし・・・

 

 

多くの方々にとって、今年は本当に大変な1年でした。そしてその大変さに、まだまだこれからもずっと堪えていかなければならない方々も大勢いらっしゃいます。

そんな方々のことを考えると、壁打ち等にうつつを抜かせるなんて間違いなく最高に幸せです。

 

 

早朝壁打ちのために5時に起きて朝食と昼の弁当を作ってくれる母ちゃんに心から感謝しながら、そして壁打ち出来る幸せをかみ締めながら、来年も、絶対に負けない必勝法勝つまでやる!」を胸に、諦めずにトライを継続します

 

 

今年も、テニス(壁打ち)馬鹿を応援していただき、本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願いします 
 
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です

狙うために4

昨日、プリンターを買いました。
前のプリンターは10年以上も使っていたので・・・(笑)
ちなみに年賀状がまだ終わっていません
 
イメージ 1
 
ところで、今年最後になるはずの昨日の壁打ち、予想通り、最後にはなりませんでした(爆)
昨日はあまりにも悲惨な壁打ち、これで今年が最後だなんて・・・と思っていたので(笑)
 

1日1クリックオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります
【2011年壁打ち:回数389、時間:35、累計12,915分】
 
「ラケットを後ろから支えられるタイミング・位置で打つ」という内部意識を持つという記事を書きましたが、昨日の壁打ちでは絶不調でした
理由は分からず、「ハズレ」だったのかと、ガッカリしていたのですが、上記内部意識を実現する為の、更なる内部意識を発見し、最高の調子で今年の壁打ちを終わることが出来ました(笑)
 
 
ラケットを後ろから支えようとしても、肩の高さと打点の高さにギャップが大きいと、腕を下方に伸ばさざるを得ず、物理的にラケットを後ろから支えることが出来ません。
逆に肩の高さと打点の高さがある程度近いと、腕は自然に前に伸び、ラケットを後ろから支えるタイミングで打てるわけです。
背すじを伸ばした状態で打点の高さと肩の高さをある程度近くするためには、ある程度膝を曲げて調整する必要があります。
 
 
背すじを垂直に伸ばして維持する、テイクバック・インパクト・フォロースルーにおける脱力等は全く同じで、新たな内部意識としては、(ラケットを後ろで支える位置・タイミングで打つではなく)「上体の高さをボールに高さに合わせる」だけです。
これで絶好調で今年の壁打ちを終えることが出来ました。
 
 
何かすごくハッピーです(笑)
 

ライジング打ちをマスター出来ない限りは明日はない!
目先の勝負に拘るな!
若者にも打ち負けない打ち方、跳ねないスライスを叩ける打ち方を常に意識せよ!
 
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です

やっぱり体力

今日は本来は出勤日(仕事納め)ですが、休みを取りました。
大掃除とか年賀状とか・・・色々とやることがあります。
その前に壁打ちに行ってきます
今年最後になる・・・かもカモ鴨
 

1日1クリックオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります
【2011年壁打ち:回数388、時間:0、累計12,885分】
 
先日まで続いたC県オヤジ選手権は、直前まで痛めていた右ふくらはぎの故障の再発が怖くて、ランニングで身体を鍛えることが1回も出来ずに臨んだ初めての試合でした。
ランニングの代わりに、片足スクワット(ハムストリング側&前側)、片足踵上げ、踵歩き、大股歩き等、足腰を鍛えるトレーニングやリハビリはかなりやりました。
何とか痙攣せずにプレーできたのは、これらのトレーニングとベースラインから下がらないという意識の元、走る距離をセーブ出来たから・・・
 
 
しかし、プレーしていて「これじゃぁ全く駄目だな・・・」と実感しました。体力に不安が大きく、我慢出来なかったのです。
体力に自信がないために早くポイントを終わらせる必要があり、その結果、無理な確率が高いと思いながらも攻めざるを得ない場面が多くなりました。
いわゆる攻め急ぎ、相手が上手いとほぼ確実にポイントを失うパターンです。
 
 
別に世界のトッププレーヤーでなくても、それぞれのレベルのトップ選手は、相手に無理をさせて自滅させるという方法を間違いなく身につけています。
最近は読んでいませんが、名著Winning Uglyでも、相手に無理をさせるポイントの重要性を力説していたと記憶しています。
ポイントによっては、慌てて攻めずにじっくりと相手にプレーさせてチャンスを伺う必要があるのですが、体力的な不安から、そのようなプレーをする余裕はなかったのです。
それをしたら、恐らく最後まで足が持たなかったでしょうから、先日の試合における攻め急ぎはある意味では正解だったのでしょうが・・・
 
 
これはすごくいい加減な感覚ですが、「フルセット戦う場合の2倍程度の長さのプレーが出来る体力が必要なのではないか」と思います。
3セット持てば良いのではなく、6セットでも大丈夫なように身体を鍛える必要がある・・・
上を狙うためには、そのつもりで鍛えないと「絶対に駄目」だと痛感した次第です。
 
 
これって、感覚的には会社までの片道約9km弱を毎朝(或いは夜)走るレベルかなぁ。。。それとも2日に1回???
いずれにせよ、どう考えても無理・・・(^^
「試合が終わって筋トレをやめてしまって次の試合前に怪我をする」という最近の悪循環を断つため、筋トレは今も継続していますが、如何にして体力をつけていくかの方策をこれから考える必要があります。
 

ライジング打ちをマスター出来ない限りは明日はない!
目先の勝負に拘るな!
若者にも打ち負けない打ち方、跳ねないスライスを叩ける打ち方を常に意識せよ!
 
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です

狙うために3

写真はカブトムシの幼虫です。
30匹ぐらいいます。
もうかなり大きいです。
どうなる事やら・・・
イメージ 1
 

1日1クリックオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります
【2011年壁打ち:回数388、時間:20+30、累計12,885分】
 
今まで「打点を前にする」という内部意識は持っていましたが、「ラケットを後ろから支えられるタイミング・位置で打つ」という内部意識を持ったことはありませんでした。
昨日の記事にも書きましたが、実際に後ろからラケットを力で支えるわけではなく完全に脱力状態で振り抜くので、前者も後者もほぼ同じはずなのに、オヤジAは後者が断然良い感じです。
 
 
この内部意識、フォアでもバックでもドライブを打つ時は共通して使えます。
インパクトはかなり前に腕を突き出した位置ゆえ当たりが薄くなりそうですが、不思議なことに逆に厚い当たりが打てます。
理由は分かりませんが、脱力して握っているラケットが、インパクト付近で前方向に走る(自然に振られる)せいではないかと想像しています。
またコントロールが良くなるのは、前者よりも後者が、打点の位置をよりクリアにイメージ出来るせいかもしれません。
その結果、ダイレクト感もかなり上がるように感じます。
 
 
この内部意識は「跳ねないスライスを叩く」イメージから生まれてきたものですが、跳ねるボールにもライジングにも使えそうです。
もしかしたらこれ、今年最後の大当たり・・・かもカモ鴨
 
 
母ちゃん!
29日、30日、大田市場コートが午前中も使えるみたいだけど、大掃除と年賀状作りを休憩して、ちょっとだけテニスしない???
31日から3日までテニス出来ないよ!
そう、ほんのちょっとだけ・・・(^^
あっ、勿論タロケンとウズの体調が問題なければ・・・だけど
 

ライジング打ちをマスター出来ない限りは明日はない!
目先の勝負に拘るな!
若者にも打ち負けない打ち方、跳ねないスライスを叩ける打ち方を常に意識せよ!
 
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です

狙うために2

25日(日)に戸塚の骨董市で母ちゃんが買ったガメラとギャオスです。
ウズは、両方ともかなり怖いようです
怖いものが身近にあるうちは、可愛いもんです(笑)
 
イメージ 1
 

1日1クリックオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります
【2011年壁打ち:回数386、時間:20+30、累計12,835分】
 
最近呪文のように繰り返し転記し続けている「若者にも打ち負けない」ですが、この視点からの壁打ちチェック、効果がかなり大きいと感じています。
それは、薄い当たりだと若者に簡単に叩きこまれるので、薄い当たりになる(=実践的でない)打ち方を戒める効果なのですが、昨日の記事に書いた方法は、厚い当たりを打つためにも効果があると感じています。
 
 
昨日の記事の方法だと、自然に打点が前になり「ラケットを後ろ側から支える位置」でボールを打つことになります。
実際には脱力しているので「ラケットを支える」という意識は皆無ですが、このタイミングでボールを捕えることが出来ると厚い当たりで打てます。
また、低い球に対しても同様に打とうとすると、自然に膝をある程度曲げての低い体勢で、同様の位置&タイミングで打つことになります。
 
 
跳ねないスライスを打たれた時などは体勢をあまり低くせずに引っ掛ける薄い当たりの打ち方になり勝ちのオヤジAですが、上記の打ち方が出来ている時は跳ねないスライスに対しても厚い当たりで打てるので、それほど苦になりません。
 
 
今朝の壁打ちで思ったのですが、内部意識上は「ラケットが水平になるタイミングで打つ」「膝を曲げる」「体勢を低くする」等よりも「ラケットを後ろから支えられるタイミング(位置)で打つ」が自分には合っている様です。
コントロールが良くなり厚い当たりが可能になり、かつ、跳ねないスライスにも対処可能であれば最高なので、当然継続です
 
 
追記:
下記の呪文、上述の通り効果を実感しているので、より効果を感じる表現に少しずつ変えていきたいと思います。

ライジング打ちをマスター出来ない限りは明日はない!
目先の勝負に拘るな!
若者にも打ち負けない打ち方、跳ねないスライスを叩ける打ち方を常に意識せよ!
 
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です
参加中のブログ
ギャラリー
  • 下半身を使ってなかった!
  • 下半身を使ってなかった!
  • 1月2日
  • 1月2日
  • 1月2日
  • 1月2日
  • サッパリ・・・
  • ジョコTBにトライ
  • 肩からの脱力を強く意識する
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ