今日も懲りないオヤジA

必勝法『勝つまでやる』で、目標の全日本オヤジ選手権優勝を達成する・・・予定のテニス馬鹿オヤジのブログです!

2011年08月

軌道の想像4(時間を稼ぐ)

昨夜、ひと騒ぎありました。
寝る前にウズが大はしゃぎで走り回って、つまづいて壁に激突。
ひたいに、尋常でない大きさのたんこぶを作ってしまい、車で救急病院へ。
 
結果的には問題は無かったので一安心ですが、落ちても落ちても椅子に登るし、走り回ってはひっくり返るし、ウズ、本当に懲りない奴です
 
下の写真は少し腫れが引いた後のウズです。
イメージ 1
この写真の2倍くらいの大きさのたんこぶで、それも見る見るうちに大きくなったので、オヤジAも母ちゃんも真面目に焦りました(^^;

←1日1クリックで更にオヤジAの馬鹿度が上がります
【壁打ち:回数258時間:10+35、2011年累計8755分】
   
ショートバウンドでボールを打つ場合、誰もが無意識に“バウンド後の軌道”を想像して、タイミングを合わせて打っているはずです。
では、今取り組んでいる方法と、このショートバウンド打ちは何が違うのか?
 
 
具体的に下記の点で大きく異なっています。
上記のショートバウンド打ちと異なり、今取り組んでいる方法は、
1)より積極的に早い段階からボールの軌道を想像しようとしている
2)(必要な場合は)バウンドする前の段階から振りはじめようとしている
 (実際のスイング開始がバウンドの後であったとしても、意識の上では・・・ですが)
3)合わせて打つ(面を作って返す)だけではなく、強く叩こうとしている
 
 
3を実現するために1と2をやっているわけですが、この方法、想像以上に凄いことかもしれないと徐々に思い始めました。
 
 
何が凄いのか?
ライジング打ちの場合や超剛速球に対しても、物理的に存在しないはずの『スイングする時間』を稼いで、スイングして返球できることになるのですよ
勿論、テニス歴だけは十分に長いのでそんなに甘くは無いのは十分わかっていますよ(爆)
しかし実際に、一般に振り始めることが出来るタイミングよりも(軌道を想像して)少し早めに振り始めることでスイングする時間を稼ぎ、今までなら(=ボールの軌道を認識してから振り始めた場合なら)詰まって振り切れなかったレベルのボールを、スムースにスイングして返せることを何度か経験しました。
 
 
この方法に習熟すると、相手の球の速さを利用して攻める、伊達選手のようなプレーだって夢ではなくなるかもしれません。
相手が全力で打ち込んできた強打を(届く範囲は・・・ですが、笑)、簡単に打ち返せるようになる“かも”しれないのです。
 
 
 
繰り返しますが、分かってますよ、そんなに甘くないってことぐらい(笑)
でも、現実に何度か効果を経験出来たのも事実なのです。
ハッキリ言って、この経験は何とまだ1日のみ、完全にマグレの域です
私が想像さえしていなかった世界なので、挑戦したことさえありません。
ゆえに異常なまでのプラス思考で可能性は無限に大きいと考えています(爆)
 
 
「軌道の想像によって自分の時間を稼ぎながら、ライジングで相手の時間を奪う」、そんな事が出来たら最高ですよね
トライする価値、目指す価値は十分過ぎるほどあると感じています。
 
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です

軌道の想像3(大きな一歩)


←1日1クリックで更にオヤジAの馬鹿度が上がります
【壁打ち:回数256時間:20+40、2011年累計8710分】
  
「ライジングで打つ」=「ボールが跳ねてから打つまでの時間が短くなる」と言うことであり、ボールがバウンドした後のフォワードスイング開始では間に合わない可能性があります。
特にショートバウンドに近ければ、間に合わない可能性が高まります。
弾丸サーブに対するリターンも然りです。
 
 
それゆえ、早いタイミングで打とうとしたら、或いは弾丸ボールを“スイングして”返そうとしたら、ボールがバウンドする前の時点でスイングを開始することが必要になる場面も出てくるのは道理です。
その場合、ボールの飛んでくる軌道を想像して振り始めるしかありません。
 
 
これって、考えてみたらごく当たり前のことなのですが、Mコーチの記事を読むまでは実際に考えたことさえありませんでした。
プロが、無茶苦茶速いサーブを普通にスイングしてリターン出来るのは、「プロは瞬時にラケットを振れる特殊能力があるから」だけでは説明がつかないと、常々思ってはいたのですが想像力が足りませんでした(^^;
 
 
考えてみれば本当に当たり前で下らない事なのですが、知らなければ(気づかなければ)いつまでも「出来ないまま」で終わります。
しかし、オヤジAはこの当たり前のことを、強く認識することが出来たのです。
ただ認識できただけですが、この意味から言えば、「大きな一歩を踏み出せた」と言っても過言ではないと考えています。
 
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です

ダイレクト感の大切さ

久し振りに1つ鍵が加わりました。
バイクの鍵です。
何か、嬉しいですね!
イメージ 1

←1日1クリックで更にオヤジAの馬鹿度が上がります
【壁打ち:回数254時間:30、2011年累計8650分】
  
例のMコーチのブログに、“ライジングは『スー ウッ』の無拍子で打つ”と書かれた記事を、少し前に発見しました。
私の場合、『スッ ウッ』って感じです。
『スッ』で、とに角リラックスして、一気に打てる、コンパクトな体勢(早くフォワードスイングに移れる状態)を早く作ります。
この時に、背すじを垂直に保って腕の力を抜き続けることがすごく大事です。
こうしておくと、一気にスイングできるからです。
 
 
コンパクトな打ち方なので多少スイング速度が落ちるかもしれませんが、ダイレクトに(=厚く/インパクト時に面を調整しないで/抜かずに)ボールを捕らえやすくなります。
上手く打てた場合はボールの威力が落ちません。むしろ威力が増したと感じる時さえあります。ライジングで打つ時は上がってくるボールにエネルギーがあるからかもしれませんが、今までの打ち方に無駄が多かったと言う証拠でもあります。
 
 
トッププロがウォームアップで本当に(そう見えるだけではなく物理的に)ユックリとスイングしているけどボールが意外な速度でぶっ飛んでいくのを見たことがありますが、「スイング速度以上にダイレクトにボールを捕らえることが大事」ということだと思います。
 
 
コンスタントに良い当たりが打てるようになりたいです。
今は壁打ちメインで頑張ります!
 
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です

軌道の想像2(実践)

昨日はテニスなし。
年に1回のJR東日本 東京総合車両センター「夏休みフェア2011」に行ってきました。
年に1回、しかも1日のみ・・・
 
 
関東近県の鉄っちゃんが集まって凄い混み様でした。
昆虫馬鹿になりつつありますが、やはり鉄道大好き兄弟、大喜びでした。
 
 
家に帰ってきてから疲れ果てて食事の途中で意識を失ってしまったタロケンです。
テーブル上で寝返りをうっています(爆)
イメージ 1
 
イメージ 2
 

←1日1クリックで更にオヤジAの馬鹿度が上がります
【壁打ち:回数253時間:0、2011年累計8620分】
 
今日は6時からYUNOSUKEさんと2時間練習をさせていただきました。
以前記事に書いた「軌道を想像する」という方法、思った以上に良かったです。
いつもなら振り切れない速いサーブのリターンに、予想以上の効果を発揮しました。
 
 
今日は11時から2時間、目黒区民センターで練習できます。
一家で参加する練習なのであまり打てないと思いますが、普通のストロークでも使えるかを確認してみたいです。
 
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です

ライダー、復帰!

昨日、雨の中を、車検が完成したバイクを取りに行きました。
今朝は3時半に起きてシートを取り外し、風除けを外して、マフラーを変えました。
嬉しくなって、壁打ちをしに昭和島北緑道公園までバイクで行きました。
 
 
下は、壁打ち場でのバイクの写真です。
スリムで、セクシーです。
最高に気持ち良いバイクです
 
イメージ 1
 
イメージ 2

イメージ 3
 

←1日1クリックで更にオヤジAの馬鹿度が上がります
【壁打ち:回数253時間:50、2011年累計8620分】
 
昨日の記事のテイクバックを使って壁打ちしています。
良い感じなので自分用のメモとして詳述します。
 
 
①ラケットヘッドを立て、手首を背屈させて「構える」
②そのまま体を回転させてテイクバック(手首背屈、ヘッドが立ったまま)
③更にそれを通り越してラケットヘッドが水平になる位置まで移動する(手首の背屈は維持=グリップエンド先行の形)
 この位置(前か後ろか)はボールの深さ(ライジングのレベル)で変える
④少しずつ体を開いてラケットを引き出しながら球を待つ(ラケットを止めない)
⑤タイミングを見計らって一気に体を回転させて打つ
 
 
ポイントはずっと手首の背屈を維持することと、脱力状態の維持。
ライジングでボールをコントロールするためには、手首の背屈状態維持が最大のポイント。
この方法だと、最初から手首は背屈しているので(スイングの途中で手首を背屈させる必要がなく)意識しなくても手首背屈状態を維持出来る。
この意味でショートストレートテイクバック以上にシンプル。
 

下は
昭和島北緑道公園における動画です。
イレギュラーが多過ぎて、ライジングどころではなく、結局、いつもと代わり映えのない動画になっています
今日はテニスできませんが、明日、コートで動画を撮りたいです
 
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です
参加中のブログ
ギャラリー
  • ジョコTBにトライ
  • 肩からの脱力を強く意識する
  • 尾てい骨付近が痛い
  • 尾てい骨付近が痛い
  • 今年初キャンプ
  • 今年初キャンプ
  • 今年初キャンプ
  • 今年初キャンプ
  • 長い一日
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ