10日から盆休みを取るために、日々、仕事がかなり厳しいです。
昨朝は家でトレーニング、壁ボレー前のトレーニング、壁ボレーをしました。
夜は仕事でナイターテニスも壁打ちも断念しました。
最近、土日も含めてテニスがなかなか出来ない状態ですが、仕方ないですね。
テニスブログブログランキング参加用リンク一覧←1日1クリックでオヤジAブログランキグ馬鹿が上がります     
【2017年壁打ち:回数247回、時間:20分、累計6,410分
【2017年RUN:58回、時間:0分、累計945分
2017年両足スクワット+両手広げ:日数94、回数300回、累計28,600回】
【2017年度大股歩き:49日、歩数200歩、累計5,800歩】
【2017年体幹強化体操回数、累計163回】
2017年柔軟体操実施日数、累計176日】
【ぎっくり腰予防体操回数、累計173回】
【2016年ダッシュ:6回、0本、累計38本】
【2016年ロストボール:0個、累計126個】

昨日の壁ボレーで、フォアボレーに関する気付きがありました。
昨日のバックボレー同様、肘を前に位置して打つと、非常に安定して良いボレーが打てました


フォアボレーの場合、肘の位置を前にキープしようとすると、必然的に脇が締まり気味になります。
また、肘が前だと、自然に「ラケット全体」でスライス面を作れる(グリップが前、ヘッドが後ろになる)ので、 スライス面の角度が安定するように感じました。


これは高いボールも低いボールも同様です。
良い気付きかも知れません。

【重要項目一覧】R13
【試合に臨む心構え】守りのショットも気持ちは攻める
【バックスライス】顔を残すトップ打ち厚く打つMさん打ち
 
↑↑↑
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります