今日、明日と、またまたハードな週末になりそうです。
流石に命の危険を感じた先週末ほどではないですが、今日は8時から10時までテニスの後、三浦半島に直行して磯遊び+キャンプ、日曜日は釣りして磯遊びして帰京して16時から日没までテニス(爆)
またまたボロボロの月曜日が待ってます(笑)

11クリックでオヤジA
ブログランキングと馬鹿度が上がります 
 
【2015年壁打ち:回数98、時間:0分、累計5,445
【2015年RUN:43回、時間:0分、累計645分
2015年片足スクワット(JUMP):回数96、回数100回/足、累計9,600/足】
2015年片足カーフレイズ:回数96、回数200回/足、累計19,200/足】
2015年大股歩き:回数71、歩数:100歩、累計7,100歩】
2015年体幹強化体操回数、累計157回】
2015年柔軟体操実施日数、累計157日】
【ぎっくり腰予防体操回数、累計123回】
 【2015年ダッシュ:35回、0本、累計175本

先日の記事に書いた、「バックボレーで右手(非利き腕)をフォワードスイング開始直後に離す」という方法、なかなか良い感じです。
水曜日の第3回ナイター練習でも、壁打ちでも、安定して良いボレーが打てています。
バックボレーにおける右腕は、ラケットの軌道を安定させるために重要な要素ですね。


フォワードスイング開始「直前」に右手が離れると、フォワードスイングの開始の瞬間にラケットが後ろに残ってしまって面が上を向きますが、それがなくなります。
またラケットヘッドが残ることによって感じるラケットの重みもなくなります。
その結果、振り遅れが減り、またスイング速度も速くなると感じています。


・・・ で考えました(爆)
これって、バックのスライスストロークにも使えるのでは???
・・・で、当然ですが、壁打ちでやってみました(笑)
ストロークでは、ボレーの時ほどの大きい効果は感じませんでした
しかし、もしかしたらリターンなどの「時間がないショット」では効果があるかもしれません。
コートで試してみる価値は十分にありそうです。

【重要項目一覧】R4
  
【ストローク共通】瞬時に、かつ、しっかりテイクバックする打つ直前まで細かく足を動かすボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背すじを伸ばす)ヒヨコグリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す
【バックドライブ】身体の捻り戻しを止めて打つ
 
11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります