昨日は夕方、テニス出来ました。
その後、夕食を食べてから、疲れを取るために近所のピース湯に行ったのですが、何と、財布を無くしてしまったようで、2回も往復しました。
しかし、ない・・・
どうしたものかと途方にくれていたら、なんと、拾った人が家まで届けてくれました。
感謝・感激・雨あられ・・・
 
その後、ピース湯でゆっくりと疲れを取りました!


11クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります
2013年壁打ち:回数222、時間:30累計7565分】
2013RUN:回数58、時間:0、累計920分】
【2013年Balls into the River:0、累計245
  
昨日の記事に書いた、ボールをしっかり見ることと、脱力の2つだけに注力した練習を、昨日の夕方して、今朝も同様の壁打ちをしました。
 
 
少し良い感じになってきたと思います。
少なくともここ数日よりも良い感じです。
やはり、練習試合とはいえ、「簡単にミスしてはいけない」という気持ちから、脱力度がかなり落ちていたものと思われます。
脱力度が落ちるとスイング速度が落ちて、ミスも増えるし、ボールの勢いも落ちます。
 
 
限界まで脱力して、ミスを恐れずに身体を回転させる、この意識なくして脱力テニスは出来ないでしょう。
呼吸法はあくまで脱力を助けるツールであり、呼吸法を実践していれば脱力出来るというわけではありません。『どんなに大事な場面であろうと“脱力する!”という強い意識を維持すること』を忘れてはいけないのです。
 
 
ミスを恐れないで脱力すれば、スイング速度が増して、結果的にミスが少なくなります。
試合前に、大事なことを思い出したと思います。
 
↑↑↑
テニス上達を目指す同士が沢山いるブログ村です