昨日は家でゆっくりした後、重り13㎏で近所の坂道ルートを5周しました。
その後、母ちゃんとタロケンの中学校の学校公開に初めて行きました。タロケンは楽しそうにやっていました。

昼過ぎに母ちゃんと会社コートに行き、練習しました。ウズは、日々の勉強をサボっていたことが発覚し、家で勉強でした(笑)

今日は福岡に住む息子の30歳の誕生日です。

テニスブログブログランキング参加用リンク一覧1日1クリックでオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります  

【2022年壁打ち:14、時間30分、計375分】

1年は毎日最低10分走る2022年RUN:22回、時間15分、累計315分

2022両足スクワット+両手広げ:日数14回、回数0回、累計4,200回】
2022年重り付き横跳び日数6日、回数0回、累計900回
2022年重り付き片足スクワット日数9日、回数0回/足、累計1,800回/足

2022年は毎日やる2022年体幹強化体操回数、累計22回

2022年は毎日やる2022年柔軟体操実施日数、累計22回】
2022年は毎日やる2022年ぎっくり腰予防体操回数、累計22回】

2022年度大股歩き&ジャンプストップ4日、歩数0歩、累計700

2022年ダッシュ:2日、0本、累計10本】
【2022年
両足ジャンプ:1日、0本、累計5本


昨日の練習では、久しぶりに(数は多くはありませんが)バックのスライスを打ってみました


今までは手首をやや背屈させたコック状態でボールを打っていましたが、同じ方法だと、治りかけた肘を悪化させるのは火を見るより明らかです。
そこで、インパクト時に、手首をやや
掌屈させる気持ち(実際の手首形状はストレート)で打ってみましたが、この方法なら痛みはほぼありませんでした。
しかも、当たりの厚いスライスを簡単に打てることもわかりました。


手首を背屈させたコックで厚い当たりのスライスを打とうとするとかなりの工夫が必要であり、しかも肘に負担がかかってテニスエルボーになってしまいましたが、上の方法なら肘への負担が少なく、かつ容易に厚い当たりのショットが打てそうなのです。
去年の7月からのテニスエルボーでまだ苦しんでいますが、そのおかげで、このバックのスライスの打ち方に巡り合えたと思えるようになれば良いなぁ・・・と前向きに考えます

【重要項目一覧】R20

【試合の臨む心構え】 守りのショットも気持ちは攻める攻める気持ちで深いボールを打つ
【ストローク共通】 瞬時に、かつ、しっかりテイクバックするボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背筋を伸ばす)ヒヨコブリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】 トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す常にグリップの
位置を身体から離す
身体から遠い位置から振り始める腕が伸びきるほど前でボールを捕らえる打球面を伏せて何もしない
【バックストローク】 身体の捻り戻しを止めて打つ可能な限り早く大きくテイクバックする右手でぶら下げる肩の上に顎を乗せる脱力のち調整ブロックリターンラケットを立てるTB新呼吸法身体を回してFS開始
【バックスライス】 顔を残すトップ打ち厚く打つエッジ方向打ち
【ボレー】 瞬時に面を作るコンパクトに厚く打つ少しでも高い位置で打つ(足で打つ)グリップエンド先行フォワードスイング直後に右手を離す肘を前に維持するフォアボレーエッジ方向打ち(バックボレー)ネットより高いボレーは叩く浮いたら決めに行く右手を使って左手首をコック
【サーブ】 脱力トロフィーポーズ万歳状態みぞおちを前に突き出したトロフィーポーズ(インパクトまで維持)手首の角度を維持最後までボールを見て顔を残すインパクト時に身体を開かないネットを越すことを意識する

     

      1日1クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります