今日も懲りないオヤジA

必勝法『勝つまでやる』で、目標の全日本オヤジ選手権優勝を達成する・・・予定のテニス馬鹿オヤジのブログです!

精度と威力を両立する打点(仮説)

昨日は在宅勤務だったので、朝は小雨の中、重り5㎏のジョギングの後、平和島で壁打ちにいきましたが、雨が強くなったので、1球も打たずに帰ってきました。初めての経験でした。

家で重り5㎏のトレーニングをした後、家の中で、これまた初めて重り付き大股歩きを敢行しました(笑)
仕事が終わった後は雨、平和島壁打ちは断念しました。

やっぱり、Nさん打ちの練習で痛めた左上胸が痛いです。
完全に負傷した感じではない(おそらく筋肉痛)けど、ここで無理をしてはいけないことは明白ゆえ、全く力まずに上手く振れる時と痛めた部分に力が入ってしまう時とで何が違うのかがわかるまでは、
Nさん打ちは封印することにします。
上手くいく時の快感が忘れられないので、壁打ちで毎日少しずつ、上記の違いを探そうと思ってはいますが・・・

テニスブログブログランキング参加用リンク一覧1日1クリックでオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります  

【2021年壁打ち:71回、時間0分、累計2,350分】

2021年は毎日最低10分走る2021年RUN:61回、時間10分、累計631分

2021両足スクワット+両手広げ:日数33回、回数300回、累計9,900回】
2021年重り付き横跳び日数26日:、回数150回、累計3,900回
2021年重り付き片足スクワット日数28日、回数200回/足、累計5,600回/足

2021年は毎日やる2021年体幹強化体操回数、累計61回

2021年は毎日やる2021年柔軟体操実施日数、累計61日

2021年は毎日やる2021年ぎっくり腰予防体操回数、累計61日
2021年度大股歩き&ジャンプストップ11日、歩数150歩、累計1,650歩】

2021年ダッシュ:9日、0本、累計48本】


誰が何と言おうと、打球面の向きが変わらないスイングが出来れば、精度は高くなります。
しかし、打球面の向きを変えないスイングは、基本的にはラケットを平行移動するスイング、押すようなスイングとなり、速いボールを打つことが難しくなります。


速いボールを打つには、スイング速度が遅いラケットを平行移動させるスイングではなく、スイング速度の速い横振りでボールを打つ必要があります。


従って、スピードと精度を両立させるには、横振りで『打球面の向きが変わらない区間』を作る必要が出てくるのですが、この『打球面の向きが変わらない区間』の作る位置に関して、オヤジAは大きい勘違いをしていたのかもしれません。
その『勘違い』かもしれないこととは、『打球面の向きが変わらない区間(=打点)は、腕が伸び切って打球面の向きが大きく変わる前に作るべき』という考えです。
要するに、精度を上げるには、腕が前方に伸び切る前に『打球面の向きが変わらない区間』を作る必要があると信じてきたのです。
これって、本当でしょうか?


Nさん打ちをしていて気付いたことがあります。
腕が前方に伸び切った位置では、左腕が自然に内旋することになってラケットヘッドは上方に鋭く移動しますが、打球面の向きはあまり変わらないのです。


打点を前にするのは、『威力を出すため』、『相手のボールに負けないため』、『相手のボールの勢いを利用するため』と、今までは考えてきました。
確かにこれらは正しいのですが、更にもう少し前、いわゆる『これ以上腕を前に振れない限界まで前の位置』に、打球面の向きがあまり変わらない位置がある・・・かもしれないと考え始めています。
つまり、ボールの威力と精度を両立させる打点が『これ以上腕を前に振れない限界まで前の位置』にある、と言う仮説です。


まずは壁打ちで、Nさん打ちではない打ち方で確認してみます。

【重要項目一覧】R20

【試合の臨む心構え】 守りのショットも気持ちは攻める攻める気持ちで深いボールを打つ
【ストローク共通】 瞬時に、かつ、しっかりテイクバックするボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背筋を伸ばす)ヒヨコブリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】 トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す常にグリップの位置を身体から離す身体から遠い位置から振り始める腕が伸びきるほど前でボールを捕らえる打球面を伏せて何もしない
【バックストローク】 身体の捻り戻しを止めて打つ可能な限り早く大きくテイクバックする右手でぶら下げる肩の上に顎を乗せる脱力のち調整ブロックリターンラケットを立てるTB新呼吸法身体を回してFS開始
【バックスライス】 顔を残すトップ打ち厚く打つエッジ方向打ち
【ボレー】 瞬時に面を作るコンパクトに厚く打つ少しでも高い位置で打つ(足で打つ)グリップエンド先行フォワードスイング直後に右手を離す肘を前に維持するフォアボレーエッジ方向打ち(バックボレー)ネットより高いボレーは叩く浮いたら決めに行く右手を使って左手首をコック
【サーブ】 脱力トロフィーポーズ万歳状態みぞおちを前に突き出したトロフィーポーズ(インパクトまで維持)手首の角度を維持最後までボールを見て顔を残すインパクト時に身体を開かないネットを越すことを意識する

     

      1日1クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

シャッフルステップ再評価

昨朝は重り5㎏のジョギング・トレーニングをし、ウズが勉強に起きた後に家を出て、浅田駐車場で壁打ちしました。

帰りは少し遅くなったので、浅田駐車場で壁打ちだけして、家に帰りました。

3月の初日は、かなり暖かい1日でした。

テニスブログブログランキング参加用リンク一覧1日1クリックでオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります  

【2021年壁打ち:71回、時間20+30分、累計2,350分】

2021年は毎日最低10分走る2021年RUN:60回、時間10分、累計621分

2021両足スクワット+両手広げ:日数32回、回数300回、累計9,600回】
2021年重り付き横跳び日数25日:、回数150回、累計3,750回
2021年重り付き片足スクワット日数27日、回数200回/足、累計5,400回/足

2021年は毎日やる2021年体幹強化体操回数、累計60回

2021年は毎日やる2021年柔軟体操実施日数、累計60日

2021年は毎日やる2021年ぎっくり腰予防体操回数、累計60日
2021年度大股歩き&ジャンプストップ10日、歩数0歩、累計1,500歩】

2021年ダッシュ:9日、0本、累計48本】


左手首の状態は思わしくないですね。また、Nさん打ちで痛めた左胸上の状態も駄目です。
無理をする必要はないので、痛くないショットだけで壁打ちしています。


以前の記事で、バックのドライブを打つ前のシャッフルステップに触れましたが、このステップに関して、再び評価が高くなっています。
理由は全く不明(笑)ですが、このステップをしてから打つと、TBは自然に深くなり、しっかりと身体を使ったスイングが可能になるのです。
もしかしたらオヤジAの打ち方に合っているのかもしれません。


まだ試していませんが、打つまでに十分な時間がないバックのドライブリターンでも使えるかも・・・と、ちょっと期待しています(笑)

【重要項目一覧】R20

【試合の臨む心構え】 守りのショットも気持ちは攻める攻める気持ちで深いボールを打つ
【ストローク共通】 瞬時に、かつ、しっかりテイクバックするボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背筋を伸ばす)ヒヨコブリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】 トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す常にグリップの位置を身体から離す身体から遠い位置から振り始める腕が伸びきるほど前でボールを捕らえる打球面を伏せて何もしない
【バックストローク】 身体の捻り戻しを止めて打つ可能な限り早く大きくテイクバックする右手でぶら下げる肩の上に顎を乗せる脱力のち調整ブロックリターンラケットを立てるTB新呼吸法身体を回してFS開始
【バックスライス】 顔を残すトップ打ち厚く打つエッジ方向打ち
【ボレー】 瞬時に面を作るコンパクトに厚く打つ少しでも高い位置で打つ(足で打つ)グリップエンド先行フォワードスイング直後に右手を離す肘を前に維持するフォアボレーエッジ方向打ち(バックボレー)ネットより高いボレーは叩く浮いたら決めに行く右手を使って左手首をコック
【サーブ】 脱力トロフィーポーズ万歳状態みぞおちを前に突き出したトロフィーポーズ(インパクトまで維持)手首の角度を維持最後までボールを見て顔を残すインパクト時に身体を開かないネットを越すことを意識する

     

      1日1クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

手首のコック、再認識!

昨日は、ずっと勉強をして、昼前に、母ちゃん、ウズの3人で、砧公園にカブトムシの幼虫を探しに行きました。
さすがに簡単には見つからず、断念しました。
タロケンは友達と遊ぶ約束だったようです。

遅い昼食を会社コートの近くのすき家で食ってから、会社コートで練習しました。
母ちゃんがウズに球出ししている最中に、オヤジAは重り7㎏で野球場をジョギングで周回しました。

ウズの練習の後、母ちゃんと練習しました。
昨日ほどではありませんでしたが、そこそこの強風で、オヤジAは風下だったので、それなりに良い練習になりました。

テニスブログブログランキング参加用リンク一覧1日1クリックでオヤジAのブログランキング馬鹿度が上がります  

【2021年壁打ち:69回、時間0分、累計2,300分】

2021年は毎日最低10分走る2021年RUN:59回、時間11分、累計611分

2021両足スクワット+両手広げ:日数31回、回数0回、累計9,300回】
2021年重り付き横跳び日数24日:、回数0回、累計3,600回
2021年重り付き片足スクワット日数26日、回数0回/足、累計5,200回/足

2021年は毎日やる2021年体幹強化体操回数、累計59回

2021年は毎日やる2021年柔軟体操実施日数、累計59日

2021年は毎日やる2021年ぎっくり腰予防体操回数、累計59日
2021年度大股歩き&ジャンプストップ10日、歩数0歩、累計1,500歩】

2021年ダッシュ:9日、0本、累計48本】


昨日の練習では、風下で厳しかったですが、バックのスライスを厚く当てる練習をしました。
バックのスライスで厚く当てるには、手首のコックが非常に大事です。


しっかりと手首がコックできておらずに、緩んだ状態で厚く当てると、簡単に大きいミスにつながります。
逆にしっかりと手首をコックできていると、厚く当てても安心して打てます。


不調の時や大事なポイントの時、不十分な体勢の時など、しっかりと手首をコックすることを意識すべきですね。
大事なことを再認識できた良い練習になりました。

【重要項目一覧】R20

【試合の臨む心構え】 守りのショットも気持ちは攻める攻める気持ちで深いボールを打つ
【ストローク共通】 瞬時に、かつ、しっかりテイクバックするボールをしっかり見て精度を上げる脱力姿勢(背筋を伸ばす)ヒヨコブリップ呼吸法みぞおち前の構え
【フォアストローク】 トップ打ち打点を遠く完全脱力を演じる方法腕の意識を消す常にグリップの位置を身体から離す身体から遠い位置から振り始める腕が伸びきるほど前でボールを捕らえる打球面を伏せて何もしない
【バックストローク】 身体の捻り戻しを止めて打つ可能な限り早く大きくテイクバックする右手でぶら下げる肩の上に顎を乗せる脱力のち調整ブロックリターンラケットを立てるTB新呼吸法身体を回してFS開始
【バックスライス】 顔を残すトップ打ち厚く打つエッジ方向打ち
【ボレー】 瞬時に面を作るコンパクトに厚く打つ少しでも高い位置で打つ(足で打つ)グリップエンド先行フォワードスイング直後に右手を離す肘を前に維持するフォアボレーエッジ方向打ち(バックボレー)ネットより高いボレーは叩く浮いたら決めに行く右手を使って左手首をコック
【サーブ】 脱力トロフィーポーズ万歳状態みぞおちを前に突き出したトロフィーポーズ(インパクトまで維持)手首の角度を維持最後までボールを見て顔を残すインパクト時に身体を開かないネットを越すことを意識する

     

      1日1クリックでオヤジAブログランキング馬鹿度が上がります

参加中のブログ
ギャラリー
  • Nさん打ちの動画を発見!?
  • 下半身を使ってなかった!
  • 下半身を使ってなかった!
  • 1月2日
  • 1月2日
  • 1月2日
  • 1月2日
  • サッパリ・・・
  • ジョコTBにトライ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ